【ローク(Loake)・バッキンガム コーディネート】

ローク1880(Loake 1880)  バッキンガムダークブラウン コーディネート Part.1

フルブローグでノーズがやや短いこちらのバッキンガム。

スーツモッズスーツのようなタイトなスーツか、カジュアルで合わせるのがこの靴の良さを際立たせてくれます。

1つ目のコーディネートは

ベージュステンカラー×カラーニット×デニム

ロークコーデ1−1.JPG

使用アイテム

靴:LOAKE

コート:brues dress

ニット:brues dress

シャツ:brues dress

パンツ:brues dress

メガネ:Lunor

ソックス:靴下屋

いよいよ今年も春が来ました!

ロークをベースにシンプルで都会的なステンカラーコートとカラーニットとノーダメージのデニムを合わせました。

都会的なベージュステンカラーコート

春のコートスタイルといえばトレンチコートですが、特徴的なニットを際立たせる為によりミニマルなステンカラーコートをチョイス。

トレンチコートと比べると軍服由来である無骨さがなく、シンプルで主張しすぎないアイテム。

ブルーとレッドの特徴的なアローニットの主張を中和してくれています。

コートの袖をロールアップ

ロークコーデ1−2.JPG

パンツのロールアップのバランスとコートのやや短めの丈に合わせて、

袖をロールアップして爽快な雰囲気に!

襟立て

ロークコーデ1−3.JPG

襟を立てることで、着こなし感UP。男らしい表情を作れます。

ロールアップをダブルに

ロークコーデ1−4.JPG

通常のロールアップだと外側に2回折りますが、内側に1回外に1回スラックスのダブルを作るように折ります。デニムのカジュアル感を抑えてドレス感を与えてくれます。

ホワイトソックス

白シャツの襟をニットから覗かせているので、足元でも白を追加。コーディネートの上下に同じ色を持ってくることでコーディネートがぐっとまとまります。

暖かい季節は、選ぶ色も明るくすると気分も上がります!

明るい色使いで春コーデを楽しみましょう!

この靴のレビューはこちら↓↓

7年履いている ローク1880(Loake 1880)  バッキンガム

2018.05.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です