【雨用の革靴はこれで決まり!!】

雨用の革靴何使っていますか?

①スムースレザー ②レインブーツ ③合成皮革

この3パターンが多いのではないかと思います。しかしそれぞれデメリットがあります。

【①スムースレザー】

少しの雨ならいいのですが本格的な雨だと防水スプレーをあっけなく雨が通過して、靴全体が濡れてしまいます。

特に履きジワの隙間から雨が染みてくる。

さらに、汗が多く染み込んでいたら塩分が革に浮き出てしまう「塩浮き」や、革の表面がでこぼこになってしまう「銀浮き」が起きてしまう恐れがあります。

【②レインブーツ】

1日履いていると足も蒸れるしはき心地が悪い。

また、スーツに合うようなスッキリとしたデザインがなかなか見つからない。

【③合成皮革】

デザインも履き心地も微妙。

雨用はスエードが良い

そこで、雨用の革靴でオススメしたいのがスエードの靴です。

スエードは水に弱くて雨の日に履いてはいけないと思っている人が多いと思います。

しかし、ケアをしっかりすれば雨の日用として活躍します!

ケア方法

①ブラシでホコリをしっかり払う(豚毛を使用。馬毛は汚れを掻き出しきれず、ワイヤーはスエードの摩耗が激しい為)

②スエード栄養ミストで油分を補給して水の侵入を防ぐ。また色落ち防止。

③防水スプレーで雨をブロック

この3つをしっかり行えば、雨を弾いてくれて雨用として街中をガンガン歩けます。

スムースレザーと比べても防水スプレーの効果がしっかり発揮できるのがスエードです。

ケアの頻度は、ブラシは毎日、スプレーは5回履いて一回程度。

ソールに注意

ここで注意して欲しいのは

ソールはラバーソールのものを選びましょう。この靴はダイナイトソールです。

レザーソールを雨の日にはくとソールの劣化が早くなるし、浸水のリスクも高いです。

でもラバーソールであれば雨に強いので、安心して履くことができます。

雨の日は「スエード×ラバーソール」がオススメです。

次に読むならこの記事↓↓

スエードのお手入れにオススメの「栄養ミスト」で色持ちを良くする

2019.01.20

三陽山長に「レイン友二郎」登場!!詳しくは記事をご覧ください。

”三陽山長” 日本のハイグレードブランド

2018.06.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です