【意外と違いがある!靴磨き用のクロスを比較】

 

ハイシャインをする際に必要なクロス

「クロスってどれも同じでしょ?」と思う人も多いはず。

しかし、それぞれのメーカーで特色があるんです。

今回はそんな超ニッチな靴磨きで使うクロスをご紹介します。

①自作クロス

まずはネル布をネットで購入して自分でカットしてクロスを作る方法です。

楽天市場の但馬屋で購入できます。

自作の良さは何と言っても安いところです。

10cm51円のネル布を2m購入した場合300円の送料がかかるとして1320円

横幅8cm(次に紹介するBrift Hの幅)で切ると25枚クロスができるので1枚約53円で作れます。

非常にリーズナブル!!

ネル布は厚さや目の細かさなどが選べますが、

こちらの生地は指に巻き付けられる程の厚さで目の細かさは全く気になりませんでした。

但馬屋さんの600番手16双のものは厚すぎて指に巻きにくかったので、この300番手のものがオススメです。

★70cm巾×1m519円 10cmにつき51円

https://item.rakuten.co.jp/tajima-ya/neru300/

②Brift Hの赤いクロス

靴磨き用のクロスといえばやはりこれ。

Brift H(ブリフトアッシュ)オリジナルのこちらの商品。

世界一の靴磨き職人長谷川さんはもちろんですが、赤いクロスを使うシューシャイナーはよく見かけます。

プロにも愛用されているわけですが、それには理由があります。

指に巻くと分かるのですが、ほんの少し伸縮性があるのです。

この伸縮性のおかげで指にピンとクロスを張ることができて、ハイシャインをする際に非常に使い心地がいいです。

そんな超優秀なクロスが4枚入りで900円で買えちゃうのでコスパもいい。(洗って何度か使用できます。)

一つ注意点ですが、白などの淡い色に使う際は色移りの可能性があるので控えてください。

★972円 幅8×長50cm 4枚入り

http://brift-h.shop-pro.jp/?pid=126296662

③コロンブス・東急ハンズコラボのクロス

 

コロンブスと東急ハンズのコラボ商品はいいものが多いです。

その中でもこちらのクロスはよく考えられてる商品です。

 

表は柔らかいネル生地で、裏がグリップ力のある生地になっています。

表も裏もネル生地のクロスを指に巻いていると磨いている途中にズレてしまうことがあり、ハイシャインで層を作っている時にズレてしまうと厄介です。

しかし、このクロスはズレを防止してくれるのでスムーズにハイシャインができます。

★1,296円 幅15×長50cm 3枚入り

https://hands.net/goods/4971671188372/

 

紹介した3つのクロスはそれぞれ違った良さがあります。

高価なものではないのでそれぞれ試してみてもいいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です