新入社員にもおすすめ!雨の日も活躍する機能性を兼ね備えたおすすめの革靴

4月から働く新入社員、新社会人の皆様に、機能性を兼ね備えた本格革靴をご紹介します。

新卒の方だと、靴にあまりお金をかけたくないという方が多いのではないでしょうか?

・安い靴を履き潰して買い換えていく派

・良い靴を手入れして長く使う派

と2パターンあるとして、まずはそれぞれのメリットを考えてみました。

履きつぶし派と長期使用派のメリット

履きつぶし派のメリット

(合成皮革数千円の靴を履きつぶして買い換える派)

①結局安くつくかも?

実際の例でシミュレーションしてみます。

A、8,000円くらいの靴を4ヶ月くらいで履きつぶして新しい靴を買う方

1年間続けると8,000円×3足=24,000円

3年で、72,000円

5年で、120,000円

10年で、240,000円

B、3万円程の靴を5足修理をしながら履く方

靴磨き用品やソールやリフトの修理が必要になります。靴磨き用品は年間2,000円、修理に1足年間3,000円とします。

1年目靴150,000円+靴磨き用品3,000円+修理15,000円=168,000円

3年で靴150,000円+靴磨き用品6,000円+修理30,000円=186,000円

5年で靴150,000円+靴磨き用品9,000円+修理45,000円=204,000円

10年で靴150,000円+靴磨き用品30,000円+修理150,000円=330,000円

このシミュレーションでいうと前者の履きつぶし派の方が安くつきます。

②なし、、、

いろいろ考えましたが、正直他のメリットがないです。

長期使用派のメリット

(修理可能で長持ちするグッドイヤーウェルト製法などで本革の靴をメンテナンスしながら長期使用する派)

①足にフィットしてきて履き心地が良くなる

・グッドイヤーウェルト製法の靴にはコルクが敷き詰められていてコルクが足裏の形に沿ってくれます。足裏がフィットしていると疲れの軽減になります。

・本革を使用していると、履いていくと足に革が馴染んでくれます。履き始めはきつさを感じても履いていくうちに足型にフィットしてきます。

コルクの沈みと革のなじみを考慮したサイズ選びをオススメします。

②周りからのイメージアップ

・長持ちさせるため靴のケアを行なっているので、靴がいつも綺麗です。靴が綺麗だと「丁寧な人」とイメージがつき、取引先や上司からの信頼を得られるはず。

・居酒屋などで靴を脱いだ時に、しっかりしたブランドの靴を履いていると一つの良いアピールになります。特に日本のブランドだと気取らず真面目な印象を与えられると思います。

つまりモテます。

③他のアイテムの物持ちが良くなる

靴磨きや、靴のメンテナンスを行なっていると、財布やバッグなども手入れがしたくなります。自然と革靴のレベルに合わせようとする気持ちが芽生えてくるので靴以外のアイテムの持ちが良くなります。

このように「履き心地の面」や「信頼性の面」でメリットたくさんです!!

最初に選ぶ3足、雨用でも使える機能性に優れた本格革靴を紹介

仕事が始まると、雨の日も頑張って職場に行かなくではならなくなり、歩く時間も長くなると思います。

そのため、最初に選ぶ3足は「雨の日でも使えるグッドイヤーウェルト製法の革靴」を選んでみてはいかがでしょうか?

雨に強い!スコッチグレインの「シャインオアレイン」

スコッチグレインとは

「素材」「木型」「製法」にこだわり、東京・隅田で一貫生産している日本の老舗ブランド。

【”スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)” 墨田発革靴ブランド】

2018.06.01

シャインオアレインとは

はっきりしない空模様は、心までどんよりさせる。こんなに日にこそ、ファッションに気を配ることで、活力が生れる。

名前のとおり、天候に関係なく快適な履き心地とスタイリッシュな足元を演出するシリーズ。

甲革には、本革が持つしなやかな風合いと、通気性を損なわずに高い撥水性を実現した本格撥水レザーを採用。

底材はSGソール(合成底)を使用しております。

耐磨耗性・グリップ性に優れ、減りやすいつま先や化粧部分にはゴム硬度を硬めに、主な接地面にはしなやかに返るようにゴム硬度を変えたソールです。

濡れた路面にも強いソール素材が最大特長。大変履きやすくて歩きやすい、雨にも強いソールです。

(参照:http://www.scotchgrain-shop.com/category-260/black/2770bl-e.html)

撥水レザー×ラバーソールで作られているシャインオアレインはレインシューズとは思えないスタイリッシュさがあります。

本当に見た目は普通の本格革靴です。

シャインオアレインの購入方法

・スコッチグレイン公式通販サイト

http://www.scotchgrain-shop.com/

・スコッチグレイン各店

http://www.scotchgrain.co.jp/shop/index.html

また、百貨店での取り扱いもあります。

シャインオアレインの商品紹介・3つのシリーズ

【シャインオアレインⅢ】

  • 価格:30,240円
  • サイズ:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EEE 
  • モデル数:4

http://www.scotchgrain-shop.com/category-267/category-284/

【シャインオアレインⅣ】

  • 価格:30,240円
  • サイズ:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:E 
  • モデル数:5

シャインオアレインⅢより細身なシルエット

http://www.scotchgrain-shop.com/category-267/category-285/

【シャインオアレイン4Eウィズ】

  • 価格:30,240円
  • サイズ:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EEEE 
  • モデル数:1

EEEEの木型。ソールはSGソールではなくグリッパーテクノソール(機能性に大きな差はなし)

http://www.scotchgrain-shop.com/category-260/black/4226bl-4e.html

シャインオアレインコーディネート

【シャインオアレインⅣ】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tat SHIさん(@unishx0x)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tat SHIさん(@unishx0x)がシェアした投稿

 

撥水性抜群!リーガルの「GORE-TEX(ゴアテックス)」(グッドイヤーウェルト製法の物)

リーガルとは

1902年創業。革靴ビギナーの方にも革靴マニアの方にも愛される日本を代表とするフットウェアー企業。

【”リーガル(REGAL)” 日本代表革靴ブランド】

2018.05.30

リーガルの「GORE-TEX(ゴアテックス)」とは

GORE-TEX(ゴアテックス)はアメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材のこと。

外からの水の侵入を防ぎ、中からの湿気は逃がしてくれる高機能な素材を使った靴を紹介します。

1つ目に紹介した「シャインオアレイン 」と比べると靴の中の湿気を逃がしてくれる機能があるので、夏場でも快適に履ける一足です。

https://www.regal.jp/journal/item/item_2017_07.html

リーガルのゴアテックスシューズはセメンテッド製法のデザインもありますが、グッドイヤーウェルト製法のものを選びましょう。1万円ほど高くなりますが、履き心地と耐久性はグッドイヤーウェルト製法のものが断然良いです。

リーガルのゴアテックスの購入方法

・公式通販サイト

https://www.regalshoes.jp/shop/r/r2512-p2/

・リーガル各店

https://www.regalshoes.jp/shop/storemaster/list.aspx

で購入できます。

リーガルのゴアテックスの商品紹介(公式通販サイトより)

【ホールカット】

  • 価格:37,800円
  • サイズ:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE

https://www.regalshoes.jp/shop/g/gW70BCE_____B____235/

ホールカットはアッパーを1枚の革で作っているもので、ドレッシーな雰囲気漂うタイプの靴。

靴に興味のない方はあまり選ばないデザインなので、同期と差がつく靴でしょう。

【ストレートチップ】

  • 価格:37,800円
  • サイズ:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE

https://www.regalshoes.jp/shop/g/gW71BCE_____B____235/

最も凡庸性のあるタイプがこちらのストレートチップの靴。

ビジネス、冠婚葬祭と多様に使えます。一足持っておくといいでしょう。

リーガルのゴアテックスのコーディネート

【ホールカット(W70B)】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

REGAL リーガルメンズさん(@regalmens_official)がシェアした投稿

とにかく高コスパ!RAYMAR(レイマー)のレインシリーズ

レイマーとは

創業者がサラリーマン時代に外回りをしていて、「安くて、丈夫で、高品質」な靴に出会えず、いっそのこと自分で作ってしまおう!と始めたのがこのブランド。

ハンドソーンウェルテッド製法とグッドイヤーウェルテッド製法の作り。アッパー、革底、革中底の「革」にこだわり品質が良いながら、価格の安さを売りにしている。

販売後すぐに完売してしまうほど人気なので、販売開始時間をリサーチして購入するといいでしょう。

レイマーのレインシリーズとは

レインシリーズ以外はハンドソーンで作られソールは革底なのですが、

レインシリーズはグッドイヤーウェルト製法で作られ、ソールにはゴム底を使用しているので雨の日でも滑りにくく作っています。

上記でおすすめした「シャインオアレイン 」は撥水レザー、「リーガル」はゴアテックスと雨に強いアッパー素材を使用していますが、こちらは通常のレザーを使用のため、雨の日には防水スプレーをかけてあげるといいでしょう。

また、油分をしっかり入れ込んだケアをしてあげると少々の雨でも問題ありません。こちらのケア方法をぜひ参考にしてください。↓

御手洗メソッドの「プレメンテ」Part1、「履く前の3日間のメンテ」をやってみた

2019.01.18

レイマーの購入方法

ヤフーショッピングでのみ取り扱っています。

ネットで購入することに不安な方もいると思います。そんな方には「アシーレ」という「手製のビニール靴」を無料で送ってくれるサービスがあるので2サイズほど頼んでサイズ選びの参考にするといいでしょう。↓

http://www2s.biglobe.ne.jp/~sunray/asi-re.html

サイズ選びは靴を選ぶ上で非常に重要なのでレイマーはメールでのサイズの相談にも乗ってくれて、非常に親切な対応に評判があります。

レイマーは販売開始後すぐ完売してしまうほど人気なので、ブログで販売時期の情報を収集して購入することをおすすめします。↓

http://raymar-shoes.hatenablog.com/

レイマーレインシリーズの商品紹介

【プレーントゥ】

  • 価格:15,800円
  • サイズ:23.5cm〜28.0cm
  • ウィズ:EE

ビジネス用としてはオーソドックスなタイプがプレーントゥ。

【ダブルモンクストラップ】

  • 価格:15,800円
  • サイズ:23.5cm〜28.0cm
  • ウィズ:EE

ビジネスでもプライベートでも活躍するのがこちらのタイプ。脱ぎ履きがしやすいので宴会の日に選ぶと、スマートに脱ぎ履きできてかっこいい姿が注目されるでしょう。

レイマーレインシリーズのコーディネート

【プレーントゥ】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yumaさん(@yuuu_maa_k)がシェアした投稿

 

この中から3足選ぶとしたら

機能性、作り、デザイン、着こなしローテーションから考えて最高の組み合わせだと思います。

①レイマーの黒のダブルモンク

②シャインオアレインの茶のストレートメダリオン

http://www.scotchgrain-shop.com/category-260/dark-brown/2770dbr-e.html

③リーガルゴアテックスの黒のホールカット

https://www.regalshoes.jp/shop/g/gW70BCE_____B____235/

ぜひ参考にして、新生活の良いスタートを切ってください!!

合わせて読みたい↓

2〜3万円で本格革靴を最初に選ぶならこの2ブランド!

2018.12.28

【本格革靴で差をつける】2〜3万円台で革靴と手入れセットをゲットしよう

2019.01.13

シューケア品、革靴手入れ品のリンクをリストアップ

2019.01.14

超おすすめ!絶対買うべきコスパ最高シューキーパー!!

2018.09.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です