超おすすめ!絶対買うべきコスパ最高シューキーパー!!

コスパ最高のおすすめシューキーパー(シューツリー)見つけました!

靴を買うとシューキーパーもそろえなくてはいけません。

良い靴には良いシューキーパーをと思ってこだわると、それだけで1万円を超えることもあると思います。

1万円となると決して安い買い物では無いはず。となると本格的でリーズナブルなシューキーパーがあると良いですよね。

見つけちゃいました!

こちらのシューキーパー、”レッドシダー”、”ツインチューブで約2400円です!

まずはシューキーパーについて見ていきましょう。

シューキーパーとは

シューキーパーの役割

①型崩れ、シワ防止

(左の靴がキーパーなし)

シューキーパーを入れていない場合、靴は履きジワ部分を中心にクタッとしてしまいます。

このままの状態で履き続けると履きジワからひび割れを起こしてしまいます。特にエナメルやガラスレザーの素材は表面にコーティングをしているのでそのコーティングが割れてしまいます。

そのひび割れを防いでくれるのがシューキーパー。

入れることによってシワを伸ばしてくれるので、靴の寿命がグッとあがります。

また、履きジワ部分以外のカカトの部分なども本来の形をキープしてくれるので全体的な型崩れを防いでくれます。

ただし効果を最大限に発揮するには、今回オススメするような靴全体に均等にテンションがかかるタイプがおすすめです。

②湿気、臭いを取り除く

足は1日歩くとコップ一杯分の汗をかくと言います。この湿気を取り除かないとカビが生えてしまう恐れがあります。

シューキーパーを入れることでその湿気を除去してくれます。ただし木製のタイプのみです。

また木製のタイプには臭いを吸収してくれる役割があります。

シューキーパーの種類

シューキーパーの種類は大きく分けると4つあります。

①プラスチックタイプ

軽くて様々なサイズの靴に対応できるので、旅行用に便利です!

プラスチック製の良さは何と言っても価格が安いところです。これは5組で約1000円。

このタイプの難点は、履きジワ部分にテンションがかからない点です。縦には伸びてくれますが、横に伸びてくれないのでシワがしっかり伸びてくれません。

装着(左はツインチューブタイプ)

つま先とカカトのみにテンションがかかっています。

ボールジョイントはぷかぷかして伸び切っていません。

②バネタイプ

バネの反発が強いのでしっかりと革を伸ばしてくれます。

また靴に入れるとバネがちょうど持ち手になりさらに軽いので、靴磨きをする時に便利です。これは約1500円。

装着(左はツインチューブタイプ)

①のプラスチックタイプと同様につま先とカカトのみにテンションがかかっています。

こちらもボールジョイントはぷかぷかで履きジワの伸びが不安です。

③木製シングルチューブタイプ

木製は靴の湿気をとる役割があり、カビの防止にもなります。

”チューブタイプ”だと”バネタイプ”と比べて靴に均等にテンションをかけてくれます。履きジワもある程度は伸ばしてくれます。

シングルチューブタイプは比較的安く購入できるので、木製のキーパーが欲しい方はとりあえずこのタイプを選ぶ人も多いはず。

装着(左はツインチューブタイプ)

ボールジョイントもある程度キーパーが収まっています。若干伸びが弱いもののまずまず伸ばしてくれています。

④木製ツインチューブタイプ

こちらも木製なので靴の湿気をとる役割があり、カビの防止にもなります。

シングルチューブ式と比べるとより靴全体に程よいテンションがかかり型崩れを防止してくれるので、一番おすすめできるタイプです。

装着

上記の3タイプと比べても最も靴にフィットしていて履きジワの伸びも良いです。また、甲の部分までホールドしてくれて安心感があります。

やはりこのタイプが一番おすすめできます。

今回おすすめしたい商品がまさにこのシューキーパー!!

コスパ最高!おすすめ!LifeValueのシューキーパー

このシューキーパーの特徴

①靴へ均等にテンションをかけられるツインチューブタイプ

②靴先を横方向へ伸縮できる

③高級感ある持ち手

通販ページの商品説明にもこのように書いてありました。

このスペックで2000円ちょっとだから細部のクオリティが低いのではないかと疑いました。

しかし、”ツインチューブの伸縮の滑りがスムーズ”、”角のヤスリがけもしっかりされていて触り心地がスベスベ”

残念な要素がありません。

他のツインチューブタイプと作りを比較

他のツインチューブタイプと比べても遜色ないクオリティ。

(左からトレーディングポスト約10000円、バーウィック約6000円、LifeValue約2000円、42nd約6000円?)

トレーディングポストの物は表面の加工や真ん中の通気口がありシューキーパーの中では最上位の作り。

LifeValueの物は流石にそこまでの仕上げはされていませんが、同じレッドシダー製のバーウィックの物とほぼ同等の作りでした。

フィッティングを比較

ソフィスアンドソリッド(サイズ7、ウィズE)×純正キーパーと比較

  • カカトがやや大きい
  • ボールジョイントの収まりがベストではない

42ndロイヤルハイランド(サイズ7、ウィズEE)×純正キーパーと比較

  • カカトがやや大きい
  • ボールジョイントの収まりがベストではない

バーウィック(サイズ7、ウィズEE) ×純正キーパーと比較

  • カカトはちょうどいい
  • ボールジョイントの収まりはベストではない

以上の3つの比較の結果

  • カカト部分に関して、やや大きめの作り。カカトが小さめに作られている木型にはやや大きいサイズ。
  • ボールジョイントに関して、やや細身の作り。ピッタリ収まるものが欲しければその靴の純正の物を選ぶといいが、LifeValue製でもしっかり履きジワを伸ばしてくれて均等にテンションがかかっています。問題なく使えます。

ウィズがやや細く。カカトははやや大きいが凡庸性は高いと思います。

ヤスリがけもしっかりしてあって約2,400円。このクオリティは買いです。

良い品です。ぜひ一つお試しください。

 紹介したアイテムはこちら↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です