小指部分のライニングに穴が空いてしまった…こんな時は「レザーパッチ」で補修

小指の先が靴に当たってしまう。。

表面から見ると若干アッパーがポコっと盛り上がっていて、なんだかその部分が薄くなっている。

内側から見ると穴が空いている。

そのまま履き続けると…

アッパーにも穴が広がってしまう恐れがあります!

それは、避けたい!!

でもご安心を!

小指の先部分の内側(ライニング)は補修ができます!

私が修理をお願いしたお店は

靴修理屋リファーレ西武渋谷店

(参照:https://m-butsuyoku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-24-1)

靴修理屋リファーレ西武渋谷店グログ

リファーレホームページ

西武渋谷の5階にあるこちらのお店。

靴売り場と併設されてます。

比較的空いている事が多いので、修理対応も早いです。

こちらで私のロークにレザーパッチを付けてもらいました。

 

(7年程使用してるので、見苦しい写真ですみません。)

履いてきた靴だと湿気で接着が甘くなる恐れがあるそうなので、持ち込むことをお勧めします。

完全にライニングが破けてしまっていたので、アッパーにもかなり負荷がかかっていましたが、

これで、補習はバッチリです!

こちらの修理価格なんと、一つ

500円!!

この価格でやってもらえるなら、やらない理由がありません。

パッチで厚みが出るから、違和感あるのでは?と心配される方もいると思いますが

全く違和感ありません。

是非、ご自身の靴の内側もチェックして見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です