買う前に必読!無印良品のシューキーパーを試したが〇〇の方がいい!【評判や使い方も】

無印のレッドシダーシューキーパーを革靴用に購入し、実際に使ってみたのでレビューをします。

木製のシューキーパーながら2,000円前後で購入できるコスパの良いシューキーパーなので、靴に合えばリピートしたいと思い購入しました。

この記事では素材や仕様などの詳細レビューと、実際にどの靴に合うか類似品のコロニルのシューキーパーと比較しながら検証しました。

結論を先に書きますが、無印のシューキーパーはほとんどの靴に合いませんでした。コロニルのシューキーパーの方が断然おすすめです。靴に合わない理由はこちら。

無印のシューキーパーが靴に合わない理由
  • つま先が長く甲が長い→つま先や甲でつっかえてしまう
  • つま先が反っている、上にしか動かない設計→特にヒールの低い靴に合わない
  • バネが弱い→全体的なシワ伸ばしが弱い

靴に合わない理由の詳細まで読み飛ばしたい方はこちら

では、無印のシューキーパーについて詳しく解説していきます。

目次

無印良品のシューキーパーについて

無印良品のシューキーパーについて

評判・口コミは?

Twitterで評判を見てみたところ、「靴にピッタリ」という良い意見から、「シワが伸びない」という悪い意見までありました。私が感じた意見は次の章で書いています。

スペック

素材レッドシダー
ニス塗りなし
タイプシングルチューブ
スプリットセンタースプリット
生産国中国
サイズ展開23~25cm用
25~28cm用
価格(税込み)1,990円(23~25cm用)
2,290円(25~28cm用)

2,000円前後で買えます!木製のシューキーパーの中ではかなりリーズナブルです!

23~25cm用は女性の標準~大きめの足のサイズ、男性の小さめの方まで対応。25~28cm用は男性の標準~大きめの方が使えます。

シングルチューブのセンタースプリットタイプ

靴に入れ込むと横に広がり靴にフィットするタイプになっています。このタイプは汎用性が高くさまざまな靴に合いやすい特徴があります。

無印シューキーパー_スペック_タイプ

いい香りのレッドシダー

ニス塗りのないレッダシダーの素材なので、吸湿性や消臭効果があります。靴に入れておくと靴にレッダシダーの香りが移るので履くたびに快適です。

無印シューキーパー_スペック_レッドシダー

長めのつま先と甲まである形状

つま先が長いく甲まである形状でした。シングルチューブのタイプだと甲の高さがないものがほとんどなので、珍しい作りです。甲までフィットしてくれたら高ポイントです!

ちなみに左右の形は微妙に違います。足の形と同じように、甲のある内側から小指に向かって薄くなっています。

抜き取りやすいカカトの取っ手

カカトの取っ手が指先を引っ掛けやすい形になっています。抜き取りやすくて良いです!

無印シューキーパー_スペック_カカト

使い方

家に帰ったらすぐに入れる

帰宅したらすぐにシューキーパーを入れましょう。履きジワを伸ばし、靴全体の型崩れを防止してくれます。

また、レッドシダーは吸湿性や消臭効果があるため次履く時も快適です。カビも防止してくれます。

無印シューキーパー_使い方2

香りが少なくなったら付属のヤスリで削る

レッドシダーは使っていくうちに香りが薄くなってきます。そうなった時は付属のヤスリでヤスリがけをしてあげると、香りが復活します。ヤスリが付属してるのは嬉しい!

無印シューキーパー_スペック_ヤスリ2

無印良品のシューキーパーのサイズ感や合う靴は?コロニルと比較レビュー

無印良品のシューキーパーのサイズ感や合う靴は?コロニルと比較レビュー

「無印 レッドシダーシューツリー」と、類似品である「コロニル アロマティックシダーシューツリー」の形や靴のフィット感を比較してみました。

無印は「25~28cm用サイズ」、コロニルは「Mサイズ」を比較しました。

スクロールできます
商品素材ニス塗りスプリット生産国サイズ価格(税込み)
無印
レッドシダーシューキーパー
レッドシダーなしシングルチューブ中国23~25cm用
25~28cm用
1,990円(23~25cm用)
2,290円(25~28cm用)
コロニル
アロマティックシダーシューツリー
アロマティックシダーなしシングルチューブ中国S(24~25.5cm)
M(26~27cm)
L(27.5~30cm)
約3,500円

形の違い

つま先が長く甲が長い

ボールジョイントを基準にして、無印は1cmほどつま先が長く、甲も2cmほど長い形状でした。結構形が違いますよね。

なので、無印はロングノーズの靴に合いそうな形かなと思いました。

無印_比較_つま先と甲

つま先が反っている、上にしか動かない設計

無印はつま先が反っていました!両方をまっすぐにすると甲のラインは同じくらいなので、足裏に空間ができるような設計になっていると思われます。

また、コロニルは上下に動きますが、無印は上方向にしか動きません。この点、無印が合う靴は限られるのでは?と思いました。

無印_比較_そり

トレースするとこんな感じで足裏が浮きますね。これは湿気を逃す意味では良いですが、この靴よりヒールが低い靴、フラットシューズだと合わないと思います。

無印_比較_そり2

カカトはどの靴にも合いそう

カカトの形状はほとんど同じで、カカトが小さい靴にも合う大きさです。

無印_比較_カカト

バネが弱い

無印はバネが弱かったです。そのため、靴の奥まで入れ込むことができないし、伸ばす力が弱いと感じました。イマイチだな〜。

靴に入れてみた【合う靴が少ない!】

無印のシューキーパー25~28cmを、私のサイズである25.5~26の靴に入れてみました。

結論、合う靴がほとんどありませんでした。

ノーズが短いレイマーやロークは特に合わず、ノーズが長めのソフィスアンドソリッドも横のフィット感がイマイチ。

靴のサイズが小さいのでは?と思いやや大きい26.5相当のジャランスリワヤに入れたところ、バネが弱いためか全体的なフィット感がイマイチでした。

あらゆる靴に合わない理由は上で紹介した形の違いのためでしょう。

無印のシューキーパーが靴に合わない理由
  • つま先が長く甲が長い→つま先や甲でつっかえてしまう
  • つま先が反っている、上にしか動かない設計→特にヒールの低い靴に合わない
  • バネが弱い→全体的なシワ伸ばしが弱い

結論:コロニルが断然おすすめ

無印と比較したコロニルは、バネの強さもあり、あらゆる靴にフィットしました!

無印のシューキーパーが合う靴は限られているので、同価格帯のシングルチューブシューキーパーを買うなら、汎用性の高いコロニルのシューキーパーをおすすめします。

まとめ:無印のシューキーパーは微妙

手持ちの革靴に試しましたが、合う靴がほとんどありませんでした。また、バネが弱くてシワ伸ばしもあまり期待できないので、他のシューキーパーをおすすめします。

無印のシューキーパーが靴に合わない理由
  • つま先が長く甲が長い→つま先や甲でつっかえてしまう
  • つま先が反っている、上にしか動かない設計→特にヒールの低い靴に合わない
  • バネが弱い→全体的なシワ伸ばしが弱い

シングルチューブのシューキーパーであればコロニルのアロマティックシダーシューツリがおすすめです。

コロニルのシューキーパー含めおすすめのシューキーパーはこちらで紹介しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる