【靴磨き】粉々になって使いにくいワックスを元に戻す方法

粉々になって使いにくくなったワックスありませんか?

革靴を磨く時、ワックスが粉々だとネル布に細かい塊のワックスがくっついてくるので、非常に使いにくいです。

それに布に取る時にポロっと落ちて細かいワックスが散らばってしまうとこもあります。

そんなワックスを元に戻す方法を紹介します。

粉々のワックスを元に戻す方法

必要な道具

・バターナイフ

・あったかい何か

【バターナイフ】

100均のセリアで購入しました。この商品のように持ち手までアルミのものは手の熱が伝わりワックスを溶かしやすいのでおすすめです。

【あったかい何か】

ザックリした表現になりましたが、ワックスが溶ける温度であれば問題ないです。(人肌くらいの温度で溶けます)

もちろん温度が高いほど溶けやすくなり作業スピードは上がるはずです。

今回はコタツの上でやりましたが、

・お湯を入れたタッパー

・湯たんぽ

とかあったかいものであればなんでも大丈夫です。

ライターを使ってワックスを直接熱する方法もありますが、安全性の面で割愛します。

手順

こちらのサフィールのダークブラウン。購入してから1年くらいだと思いますが、このように粉々になってしまいました。

①ワックスを溶かすためコタツの上に置き、バターナイフでさらに粉々にしていきます。

②練っていくと徐々に熱が加わりひと塊りにしやすくなります。

片側に寄せてバターナイフで押し付けたら終了!

作業時間は約10分。

実際に使ってみましたが、今まで通りの使い心地に戻りました!

簡単にできるのでご自宅にある粉々ワックスを練り練りしてみてください!!

粉々になりにくいワックス

そもそも粉々にならなければこんな作業は不要です。

YAZAWAのワックスは粘度が高く割れにくいので、そういった面ではおすすめです。

BriftHのワックスはYAZAWA製ですが、僕が使った感じだと光らせやすいワックスかと思います。

ちなみに、BriftH商品は新宿の東急ハンズでも販売してますよ!(2018年秋情報)

いろんなワックスを使って自分の使いやすいものを見つけてみてください!

次に読むならこちらの記事↓↓

人気沸騰中の「リンカーンワックス」

すぐ光る!リンカーンワックスの使い心地

2019.05.21

この記事で使った靴「バーウィック」を紹介

バーウィックの「サイズ感」や「品質の評価」【おすすめの高コスパ革靴】

2018.06.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です