靴磨きで色々試した結果、満足度の高い「一番オススメの馬毛ブラシ」

本格的に靴を磨き始めてから約5年。

数々のシューケア品を購入して、使用してきました。

使用する機会がほとんどなくなっているものもありますが、反対に今もなお愛用し続けているものがあります。

今回は色々試した上で、満足度の高かった「馬毛ブラシ」をご紹介します。

馬毛ブラシの用途

靴の表面のホコリや汚れを払うこと

基本的なことですが、馬毛ブラシはどのように使用されているかと言いますと

靴の表面についているホコリを払うために使われます。

表面だけでなくコバの隙間にブラッシングをするとき、ホコリを掻き出してくれるある程度の弾力性が必要になります。

豚毛だと固すぎて、ヤギ毛だと柔らかすぎるので、馬毛のブラシが適しています。

今まで使ってきた馬毛ブラシ

モゥブレィのプロホースブラシ

比較的安く、東急ハンズなどで販売しているので持っている方は多いと思います。

このブラシは細長い形状で使いにくかったです。

一気にホコリを払うことはできると思うんですが、長いため小回りが効かなくて

靴のカーブに沿ってブラッシングができないのが難点です。

先の部分を使えば良いのですが、その使い分けが煩わしくなってしまいました。

ジュエルのホースヘアブラシ

小さめのブラシで小回りが効いて非常に使いやすいです。

モゥブレィのブラシとは対極ですね。

小さいので、カバンに入れて持ち運びがしやすくあらゆる場面で活躍しています。

しかし、毛並みが荒いです。

毛先が不揃いで、毛の密度も低くブラシとしては少し弱々しいです。

毛の密度が低いと毛の弾力も少ないので、ブラッシングのストロークの回数が多くなってしまいます。

満足度が高いのはサフィールの馬毛ブラシ

靴好きの人に教えてもらった一番初めに購入した馬毛ブラシでした。

ホコリ落とし用はもちろん、クリーム塗布後にも使用しています。

クリーム塗布後のブラシでよく使われるのは豚毛ブラシですが、この価格帯の豚毛ブラシだと毛の密度が低く、握りにくいものが多いです。

しかしこのブラシは、馬毛ながらそんな悩みを解決してくれました。

補足: ホコリ落とし用とクリーム塗布後用は使い分けています。

購入者のレビュー

レビューを見てもかなり評価は高いです。

手頃なサイズと柔らかさ

革靴の日常のお手入れにとても便利です。サイズもちょうど良く、しっかりグリップしたままブラッシングができます。

良いブラシは汚れの落ちが違います

安物ブラシばかり使ってましたが、ちょっと奮発してホースヘアのブラシを購入。

ブラシの毛がしなやかでいながら強く、ヘアの密度も高いので、靴の汚れ落としにはぴったりです。

毎日、帰宅時にその日の汚れを落とすのに使用しています。

これもなかなか良さそう

ビジネスシューズばかりだったのに、何を間違ったのかブランドものの高価なドレスシューズを買った。

さて、買ったはいいがどうメンテすれば良いのやら。ネットでいろいろと調査を開始。特に、口コミを重視。結果、SaphirNoirのクレムやブラシなど一揃えに行き当たった。

マウスでポチッとして即入手。速攻で磨き作業に入る。大切に、大切に磨く。これも口コミにあったように、クリームを手でのばして・・・。磨きは当然、このブラシ。見事に、上品でツヤのある輝きが手にした靴に。

使い始めたばかりだが、靴磨きが趣味になりそう。

密度が高く、コシが強い馬毛ブラシ

毛の密度が高く、コシが強いため、クリーム塗布後のブラッシングでクリームがしっかり伸びて素早く艶が出ます。

馬毛でも十分な役割を果たしてくれました。

1000円台の豚毛ブラシだと毛が短くて使いにくいものが多いのですが、毛の長さもしっかりあるので使い心地抜群です。

握りやすい形状のブラシ

手植えブラシだと小判形の持ち手が多いのですが、この価格帯だと長方形のものが多いです。

モゥブレィのポロホースブラシしかり、長方形のブラシは個人的に使いづらくて苦手なんですよね。。。

このブラシは小判形で握りやすくブラッシングしやすいです。

また、端の部分で細かい部分のブラッシングも可能なので多様性があります。

流石に手植えの高級ブラシには敵いませんが、毛抜けも少なくかなり満足度の高いブラシです。

ブラックとホワイトがあるので、ホコリ用、クリーム用、色別で使い分けるのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です