ジュエルの馬毛ブラシ「ホースヘアブラシ」をレビュー【安くて軽い】

ジュエルの馬毛ブラシ「ホースヘアブラシ」をレビュー【安くて軽い】

「ジュエルのホースヘアブラシの購入を検討している方」

「革靴のホコリ落とし用の馬毛ブラシをお探しの方」

はぜひ最後までお読みください。

この記事を読むことで、ご自身がどの馬毛ブラシを買えばいいのかの参考になるはずです。

 

私は安価なものから高価なものまで、様々な馬毛ブラシを使ってきました。

この記事で紹介する「ジュエルのホースヘアブラシ」も約5年間使っていて、その経験のもとレビューをします。

 

はじめにジュエルのホースヘアブラシの「特徴」と「どんな方におすすめなのか」をお伝えします。

大きな特徴はこちらの2つです。

  • コンパクトで軽くて使いやすい
  • 毛の長さがしっかりあり隅々までブラッシングできる

こんな方におすすめの馬毛ブラシです。

  • 1000円以内で探している方
  • 出張や旅行にも持っていきたい方

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ジュエルの馬毛ブラシ「ホースヘアブラシ」をレビュー・評価

ジュエルの馬毛ブラシ「ホースヘアブラシ」をレビュー・評価

ジュエルのホースヘアブラシのスペックや価格

ブランドジュエル
原産国記載なし
製法機械植え
色展開(毛の色)ブラウン
価格(税抜き)800円
素材:持ち手記載なし
素材:毛
★毛の長さ2.8cm
★持ち手のサイズ縦:14cm、横:4.5cm
★持ち手の面積約63cm2
★毛の密度(低1~高5)2
★毛全体の硬さ(柔1~硬5)2
★ブラシの重さ70g

 

ジュエルは日本の老舗シューケア品メーカーです。

靴クリームの「VIOLA」が代表的な商品です。

 

ジュエルのホースヘアブラシの特徴

①1000円以内で買える

800円で販売されています。

もっと安いブラシの場合は小さずぎたり、毛が短かったりして使いにくいものがほとんどです。

そのため、このブラシは購入をおすすめできる最低ラインの価格と言えます。

 

②コンパクトな形状

コンパクトな形状

大きさは14cm×4.5cm。

右のコロンブスのジャーマンブラシ2は14.8cm×4.8cm。

 

小ぶりなブラシで、ブラッシング中に小回りが効きくため扱いやすいです。

手の小さい方や女性の方も使いやすい大きさです。

 

旅行や出張に持っていくときも、他のブラシと比べてかさばらずにカバンに入ります。

実際に私も旅行や出張にはこのブラシを持っていき、大活躍しています。

 

③とても軽い

とても軽い

重さは70gです。

上に出てきたコロンブスのジャーマンブラシ2は112.9g。

つまりジャーマンブラシ2の約60%の重さ。

ジャーマンブラシ2も軽い方ではあるのですが、そんなブラシと比べてもかなり軽いです。

 

コンパクトな形状と相まってとても使いやすく、長くブラッシングしても手首が疲れにくいです。

 

④小さいのに毛が長い

小さいのに毛が長い

左がジュエルで2.8cmあります。

右のジャーマンブラシ2は2.7cm。

この価格になるともっと毛が短いものがほとんどですが、1000円台のブラシと同じくらいの毛の長さがあるのは魅力です。

 

この長さがあると、コバ周りのブラッシングもしやすいです。

小さいのに毛が長い

 

⑤毛先が不揃い

毛先が不揃い

毛先が不揃いです。

これはホコリを掻き出しやすくするための工夫のようです。

作りが甘いだけかと勝手に思っていましたが、あえてこのように不揃いにしているようです。

 

比較して見てみると

下はジャーマンブラシ2の毛先ですが、こちらはきれいに毛先が揃っていますね。

毛先が不揃い

 

 

ジュエルのホースヘアブラシのデメリット

毛の密度が低い

毛の密度が低い

毛の密度が低いです。

そのため弾力感やコシが少ないので、1000円台のブラシと比べると毛質は物足りなく感じてしまいます。

しかし、1000円以内のブラシではそこまで求めてはいけません。

上に書いた特徴を踏まえると、このブラシはこの価格帯の中ではいいブラシです。

 

ジュエルのホースヘアブラシの質感はこの動画をみるとわかります。

 

 

もし1000円台でもっと毛の量があるブラシがよければ、この記事にも出てきている「コロンブスのジャーマンブラシ2」がおすすめです。

ジュエルよりも大きめですが、比較的軽くて使いやすいです。

 

コロンブスのジャーマンブラシ2についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

コロンブスの馬毛ブラシ「ジャーマンブラシ2」をレビュー・評価

コロンブスの馬毛ブラシ「ジャーマンブラシ2」をレビュー・評価

 

結論:1000円以下の馬毛ブラシならジュエルがおすすめ

冒頭でも書いた通り以下の2つの大きな特徴があります。

  • コンパクトで軽くて使いやすい
  • 毛の長さがしっかりあり隅々までブラッシングできる

 

「1000円以内で探している方」

「出張や旅行にも持っていきたい方」

は是非ジュエルのホースヘアブラシを使って見てください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Loake1880を買ったのが革靴好きの始まりです。 婦人靴ブランドに勤務していたこともあり、パンプスを眺めるのも好きです。 当ブログの運営、靴紐ブランド・MONDSHOELACE(モンドシューレース)の運営などをしています。 Twitter、Instagramもやっていますので皆さまと繋がれたら嬉しいです。