寺沢ブラシ製作所の馬・豚・山羊毛の靴ブラシをご紹介

寺沢ブラシ

寺沢ブラシの馬毛・豚毛・山羊毛の手植えブラシを購入しました。

 

品質の良さに関する声はもちろん、

「DMの返信がとても丁寧で嬉しかった」といった声を聞き、気になったため購入に至りました。

実際使ってみてどのブラシも使いやすく非常に良いブラシでしたので、この記事でご紹介します。

 

寺沢ブラシは以下のような方におすすめできるブラシだと思いました。

  • 上質な手植えブラシをリーズナブルに購入したい方
  • 使いやすい理想の毛丈のブラシが欲しい方

 

寺沢ブラシについて詳しく説明していきます。

 

寺沢ブラシ製作所について

寺沢ブラシ

寺沢ブラシ製作所は手植えブラシ専門で製造販売、植替え修理をしているブラシ工房です。

会社名寺沢ブラシ製作所
住所東京都江東区亀戸9-35-21
電話番号03-3684-6938
HPhttps://www.terasawa-brush.com
ECショップhttps://brush224.thebase.in
インスタグラムhttps://www.instagram.com/terasawa.brush/

 

伝統工芸品「東京手植えブラシ」を製作

手植えブラシについて

手植えブラシは、引き線と呼ぶステンレス線により毛材を二つ折にして手作業で一穴一穴ごとに毛材を引き込みミシン縫いのように連続して植毛しているため、機械植えブラシに比べ毛材が抜けにくく耐久性もあります。

参照:寺沢ブラシHP https://www.terasawa-brush.com/p1/

手植えブラシの毛は抜毛にくい理由は植毛の工程にあります。

私はブラシ工房で手植えブラシの植毛作業を実際に見たときに初めて手植えブラシの植え方を知り、驚いたのを覚えています。

寺沢ブラシはこの手植えブラシを専門に製作しています。

 

東京手植えブラシについて

明治21年、当時百三十銀行頭取であった松本重太郎氏によって日本最初の刷子製造会社が設立され、幾多の研鑚を重ねた結果、今日見られるような普及へと繋がってきた。ブラシ製造業は東京・大阪を中心に発展していった。
産業界で新しい機械が出来てくると、そこにはいろいろな工業用ブラシが使われるようになった。家庭では生活の欧米化が進み家庭用ブラシの需要が増えた。それに伴い和歌山などのブラシメーカーは大規模な機械による大量生産を始めた。その後大阪・和歌山では工場の機械化がいっそう進んだ。
一方東京ではもともと工業用ブラシ業者が多かったため耐久性が高い手植えによるブラシが作られていた。

参照:東京都産業労働局 https://dento-tokyo.jp/items/38.html

明治時代にブラシ製造業が東京・大阪に広まり、大阪では機械化が進む一方、東京では手植えブラシの工房が多く残ったようです。

だから「東京」と付くのですね。

 

また寺沢ブラシ製作所は靴ブラシ以外に、ビルメンテナンス会社向けの掃除ブラシなど様々なブラシを製作しています。

https://www.terasawa-brush.com/case/

 

購入可能な場所

ECショップ

ECショップの販売価格はすこし高く設定されています。クレジットカードを使いたい方はECショップの利用がおすすめです。

ECショップはこちら

 

インスタグラムのDM、HPの問い合わせフォーム

商品到着後のお振込みで購入可能とのこと。DMや問い合わせフォームからだと安く購入可能です。

インスタグラムはこちら

HP問い合わせフォームはこちら

 

下で詳しく話しますが、ECショップに載っていない「持ち手(ハンドル)のサイズ」と「毛の種類」の組み合わせの注文が可能だったり、毛丈の調整も場合によっては受け付けてくれます。

そのようなご要望がある場合はインスタグラムや問い合わせフォームからご相談すると良いでしょう。

 

納期について

在庫があれば即発送可能。

在庫切れの場合は約1週間~10日程度で発送。

とのこと。

 

 

寺沢ブラシの靴ブラシについて

寺沢ブラシ

丈夫な作りの手植えブラシ

手植えブラシは毛を「引き線」に掛けて穴に通していくのですが、寺沢ブラシはその「引き線」の素材にステンレスを使用しています。

 

メーカーによってはナイロン糸を使うところもあるようですが、ステンレスの方が強度が高いため、ステンレスを使う寺沢ブラシはより丈夫な作りと言えます。

 

持ち手(ハンドル)の形は「小判型」「角形」の主に2種類

小判型

(画像参照:寺沢ブラシ製作所ECショップ)

2種類の大きさで展開しています。

標準サイズ
長さ135mm 幅55mm

大きめのサイズ
長さ145mm 60mm

 

角形

(画像参照:寺沢ブラシ製作所ECショップ)

3種類の大きさで展開しています。

小さめのサイズ
長さ100mm 幅50mm

標準サイズ
長さ150mm 幅50mm

大きめのサイズ
長さ150mm 60mm

 

各サイズの価格はこちらをご覧ください。
(記事内の対象箇所に飛びます。)

 

持ち手の大きさのご相談可能

ECショップで販売されていない「持ち手のサイズ」と「毛の種類」の組み合わせが欲しい場合は

インスタグラムのDMなどで相談してみてください。

 

毛丈について

毛丈(標準の長さ)

馬・豚・山羊毛の毛丈はこちらです。

馬毛40mm
豚毛25mm
山羊毛30mm

 

毛丈のご相談可能

3,4個まとめて購入する場合、毛丈の調整をしてくれるようです。

インスタグラムのDMなどで相談してみてください。

 

馬も豚も山羊毛も同一価格でリーズナブル

毛の種類によって価格が違うブラシ屋がほとんどだと思いますが、

馬毛も豚毛も山羊毛も同一の価格で、持ち手の形やサイズによって価格が違います。

 

そして、5000円前後で購入可能。

他のブラシ屋と比べるとリーズナブルに手植えブラシを購入できます。

 

価格詳細

ECショップの場合は500円ほど高めの設定に。出品商品は定番商品、定番サイズに限られます。

DMから購入の場合は安く購入可能です。(商品到着後の振込みとのこと)

持ち手・ハンドルの種類DM価格(税込み)EC価格(税込み)
小判型(標準)5,500円5,900円
小判型(大きめ)6,050円出品なし
角形(小さめ)3,850円出品なし
角形(標準)4,400円4,700円
角形(大きめ)6,050円6,500円

※馬毛、豚毛、山羊毛の靴ブラシの価格

 

毛丈、焼印のカスタマイズが可能

「毛丈」「焼印」などのカスタマイズをできる範囲内で対応してくれます。

 

「豚毛は一般的な長さよりも長めが好き」など

人それぞれ好みがあると思いますので嬉しいサービスですね。

 

インスタグラムの投稿で焼印を増やしたこんなブラシが紹介されていました。

かわいらしいですね。

 

要望がある場合はインスタグラムのDMで問い合わせてみてください。

寺沢ブラシ製作所のインスタグラムはこちら

 

 

寺沢ブラシの馬毛ブラシをレビュー

寺沢ブラシ

馬毛の種類

ECショップでは馬毛ブラシは4種類販売されています。

花馬毛
定番の馬毛(尻尾の毛)
https://brush224.thebase.in/items/29457767

フリ毛
花馬毛よりも柔らかい毛(たてがみの毛)
https://brush224.thebase.in/items/31812736

黒馬毛
花馬毛とほぼ同じ質感の尻尾の毛
https://brush224.thebase.in/items/29459691

白馬毛
花馬毛とほぼ同じ質感の尻尾の毛
(ECショップでは仕上げ用として毛丈が短いものが販売されています。)
https://brush224.thebase.in/items/29459861

私は今回、定番の花馬毛を選びました。

 

「小判型 花馬毛」ブラシのスペックや価格

私が購入した馬毛ブラシは定番の「小判形 花馬毛」ブラシです。

価格やサイズなどはこちらです。

ブランド寺沢ブラシ
原産国日本
製法手植え
価格(税込み)5,900円
素材:持ち手天然木(ホウ材や桂材)
素材:毛
★毛の長さ40mm
持ち手のサイズ縦:135mm、横:55mm
★持ち手の面積約74c㎡
★毛の密度(低1~高5)5
★毛全体の硬さ(柔1~硬5)3
★ブラシの重さ121.2g

 

「小判型 花馬毛」ブラシの特徴

ニス塗りのないさらさらとした持ち手

寺沢ブラシ

ニス塗りがなく、さらさらとした気持ちの良い触り心地です。

ニス塗りがない方がブラッシング中に滑りにくいです。

 

デメリットとしては靴クリームの色が付着すると落としにくいところでしょう。

 

コンパクトかつ持ちやすい形状

寺沢ブラシ

縦:135mm、横:55mmの小判型の形状。

一般的な男性の手にはちょうどいい大きさだと思います。

 

また、側面の溝があるため滑りにくくなっています。

 

軽い

寺沢馬毛ブラシ

重さは121.2gでした。コンパクトなさらに分軽く感ました。

 

満足の毛の長さ

寺沢ブラシ

機械植えブラシの「コロンブス ジャーマンブラシ2(約1,500円)」と比較します。

寺沢ブラシは40mm、ジャーマンブラシ2は27mm。

ジャーマンブラシ2より1センチ以上も毛が長いです。

これだけの差があるとブラッシングのしやすさがかなり違ってきます。

 

40mmもあると靴の毛が入りにくいところも楽々ブラッシングできます。

寺沢ブラシは土踏まず部分をブラシの角度を気にせずにブラッシングができます。

寺沢ブラシ

 

ジャーマンブラシ2は寺沢ブラシほど長さがないので、ブラシの先の部分をうまく使わないと毛が届きません。

寺沢ブラシ

 

ボリューム感ある満足の毛の密度

寺沢ブラシ

こちらもジャーマンブラシ2と比較をすると、寺沢ブラシの方が密度が高いのがわかります。

毛が長いと使い心地が柔らかくなりますが、密度が高いためしっかりとコシのある使い心地です。

 

寺沢ブラシの馬毛ブラシ(花馬毛)の質感はこちらの動画をみるとわかります。

 

 

寺沢ブラシの豚毛ブラシをレビュー

寺沢ブラシ

「小判型 白豚毛」ブラシのスペックや価格

ブランド寺沢ブラシ
原産国日本
製法手植え
価格(税込み)5,900円
素材:持ち手天然木(ホウ材や桂材)
素材:毛
★毛の長さ25mm
持ち手のサイズ縦:135mm、横:55mm
★持ち手の面積約74c㎡
★毛の密度(低1~高5)4
★毛全体の硬さ(柔1~硬5)4

 

「小判型 白豚毛」ブラシの特徴

やや短めの毛丈

寺沢ブラシ

毛の長さは25mm。

宮川刷毛ブラシ、かなやブラシは約30mmで作られていて、他ブラシ屋の手植えブラシと比べるとやや短めです。

やや短めな分コシが強く、しっかりと素早く仕上げのブラッシングが可能です。

 

もう少し長い方が好みの方は、まとめて購入する場合に毛丈の調整はできるようですので、問い合わせてみてください。

 

寺沢ブラシの山羊毛ブラシをレビュー

寺沢ブラシ

「小判型 山羊毛」ブラシのスペックや価格

ブランド寺沢ブラシ
原産国日本
製法手植え
価格(税込み)5,900円
素材:持ち手天然木(ホウ材や桂材)
素材:毛山羊
★毛の長さ30mm
持ち手のサイズ縦:135mm、横:55mm
★持ち手の面積約74c㎡
★毛の密度(低1~高5)5
★毛全体の硬さ(柔1~硬5)2

 

「小判型 山羊毛」ブラシの特徴

もふもふふわふわな毛質

寺沢ブラシ

見てわかる通り、毛がみっちりと密度が高く植えられています。

 

触るとこのようにふわふわと非常に柔らかく、使えば使うほど育ってくれそうな山羊毛ブラシです。

寺沢ブラシ

 

コロニルの山羊毛ブラシ(左、約2000円)と比べると毛の密度の差は歴然ですね。

寺沢ブラシ

 

山羊毛ブラシは一本いいのがあればいいと思うので、せっかくなら手植えの上質なブラシを買うといいと思います。

 

最後に:リーズナブルに上質な手植えブラシが欲しい方は寺沢ブラシをぜひ

冒頭でも書いた通り、寺沢ブラシは以下のような方におすすめできるブラシです。

 

・上質な手植えブラシをリーズナブルに購入したい方

・使いやすい理想の毛丈のブラシが欲しい方

 

ぜひ寺沢ブラシの上質な手植えブラシをお試しください。

 

寺沢ブラシ製作所ECショップ
https://brush224.thebase.in

寺沢ブラシ製作所インスタグラム
https://www.instagram.com/terasawa.brush/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です