ディプロマット シダーシューツリーをレビュー【スレイプニルと比較】

ディプロマット シダーシューツリーをレビュー【スレイプニルと比較】

マーケン ディプロマット シダーシューツリーを2モデル購入しました。

それぞれのモデルの違いをご紹介します。

 

また、ディプロマットと同価格かつ同素材のスレイプニルと比較してみました。

結論を行ってしまうと、ディプロマットよりもスレイプニルの方がおすすめできるシューキーパーでした。

詳しく説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

マーケン ディプロマット シダーシューツリーをレビュー【スレイプニルと比較】

ディプロマット シダーシューツリーをレビュー

 

ディプロマット シダーシューツリーの価格やサイズ展開

ブランドマーケン
販売会社株式会社エス・アイザックス商会
素材アロマティックシダー(米製)
タイプツインチューブ
生産国中国
価格(税抜き)約6,000円
サイズ展開5サイズ 39(23.5cm)~43(27.5cm)

ディプロマット シダーシューツリーはアメリカのマーケン社が生産を手掛けるシューツリーブランドです。

北米にのみ生息するアロマティックシダーを原料にしているのが大きな特徴の一つです。

 

ディプロマットとヨーロピアンを比較

ディプロマットとヨーロピアンを比較

ディプロマット シダーシューツリーには通常モデル(以下ディプロマット)とヨーロピアンモデル(以下ヨーロピアン)があります。

それぞれ以下のような特徴があります。

ディプロマットヨーロピアン
つま先やや丸いやや長め
高め低め
かかと大きめ小さめ
相性の良い靴のタイプイギリス、アメリカ、日本などのつま先が丸く甲がウィズがしっかりある靴イタリアなどのノーズが長くすっきりとしたタイプの靴
相性の良いブランド例トリッカーズ、チャーチ、チーニー、クロケット&ジョーンズ、エドワードグリーン、ローク、オールデン、アレンエドモンズ、リーガル、スコッチグレイン、ジャランスリワヤ、バーウィック、パラブーツ などサントーニ、ベルルッティ、マグナーニ、ステファノブランキーニなど

 

つま先

ヨーロピアンの方がノーズがやや長めです。

ディプロマットとヨーロピアンを比較

 

ヨーロピアンの方が一の甲、二の甲ともに低いです。

ディプロマットとヨーロピアンを比較

 

かかと

ディプロマットはどっしりとしていますが、ヨーロピアンは細くなっています。

ディプロマットとヨーロピアンを比較

 

以上のように、それぞれのモデルの形状の違いがあることがわかりました。

次の章では、スレイプニルのシューツリーと比較してみていきます。

 

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

スレイプニルはサフィールの取り扱いなどで有名な「ルボウ」が展開するシューツリーブランドです。

ディプロマットもスレイプニルもいずれも「価格は6,000円ほど」「素材はアロマティックシダー」です。

またディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルは非常に似た形をしています。

それぞれどのような違いがあるのか気になったので、比較してみました。

 

サイズ展開

ディプロマット:5サイズ展開(39~43)

スレイプニルトラディショナルモデル:7サイズ展開(38~44)

スレイプニルトラディショナルモデルの方がサイズ展開が豊富です。

 

先端の形

スレイプニルトラディショナルモデルの方がボール部がはっきりと盛り上がっていてメリハリがあります。

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

 

また、ボール部の内側から外側に向けた角度がスレイプニルの方が急で、より靴の形に沿った作りになっています。

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

 

甲の形

スレイプニルの方が甲の立ち上がりが急になっていてメリハリがありますね。

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

 

イギリス靴のLOAKE1880バーミンガムに入れて比べてみました。

スレイプニルの方が、靴の甲の位置を正確に捉えていますね。

つまり、甲においてもスレイプニルトラディショナルモデルの方が靴に沿った形になっています。

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

 

かかとの形

スレイプニルトラディショナルモデルの方が細めの形になっています。

わずかな違いですが、かかとが細いスレイプニルの方が靴の形崩れのリスクが少ないと思います。

ディプロマットとスレイプニルトラディショナルモデルを比較

 

スレイプニルトラディショナルモデルの方が靴に沿った形状

「先端の形」、「甲の形」、「かかとの形」全てにおいて、ディプロマットよりもスレイプニルトラディショナルモデルの方が靴の形状に近かったです。

価格は変わらないので、スレイプニルトラディショナルモデルの方がおすすめできます。

 

 

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

ヨーロピアンのタイプもいずれも「価格は6,000円ほど」「素材はアロマティックシダー」です。

ヨーロピアンと名乗っている両者はどんな違いがあるのか見ていきましょう。

 

サイズ展開

ディプロマットヨーロピアン:5サイズ展開(39~43)

スレイプニルヨーロピアンモデル:5サイズ展開(S~LL)

サイズ展開は同じです。

 

先端の形

スレイプニルヨーロピアンモデルの方が先端が細く長めです。また、つま先が上に反り上がった形状。

同じヨーロピアンと名乗っていますが、形状はかなり違いますね。

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

 

トラディショナルモデルと同じく、ボール部の内側から外側に向けた角度がスレイプニルの方が急で、より靴の形に沿った作りになっています。

 

甲の形

スレイプニルヨーロピアンモデルの方がつま先から甲の立ち上がりが急で、より高い位置まであります。

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

 

Soffice&Solidに入れてみました。

ディプロマットヨーロピアンも靴にあっていましたが、スレイプニルヨーロピアンモデルの方が甲の高いところまでホールドしてくれました。

また、甲から裏にかけて通気口があるため靴の湿気を逃しやすい仕掛けがありました。

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

 

かかとの形

スレイプニルヨーロピアンモデルの方が細めの形になっています。

ディプロマットヨーロピアンとスレイプニルヨーロピアンモデルを比較

 

スレイプニルヨーロピアンモデルの方がメリハリがある形状、通気口もある

「先端の形」、「甲の形」、「かかとの形」全てにおいて、ディプロマットヨーロピアンよりもスレイプニルヨーロピアンモデルの方がメリハリがある形状でした。

この2つに関しては、つま先の長さがかなり違うので、それぞれにあった靴がありそうです。

ですが、スレイプニルヨーロピアンモデルの方が靴に沿った形状だと思います。

 

 

結論:同価格帯ならディプロマットよりスレイプニルの方がいい

同価格帯のディプロマットとスレイプニルの各モデルを比較しました。

「スレイプニル」の方がより靴に沿った形状をしていることがわかりました。

靴に沿った形状の方が靴の形崩れのリスクを防げますし、多くの靴に合わせられるためおすすめできます。

 

また、スレイプニルトラディショナルモデルはサイズ展開が豊富で足が小さい方や大きい方にも選びやすいです。

 

ディプロマットを検討していた方は、スレイプニルも検討してみてください。

 

スレイプニルに関してもっと詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

スレイプニルのシューキーパー(トラディショナルモデル)をレビュー

スレイプニルのシューキーパー(トラディショナルモデル)をレビュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Loake1880を買ったのが革靴好きの始まりです。 婦人靴ブランドに勤務していたこともあり、パンプスを眺めるのも好きです。 当ブログの運営、靴紐ブランド・MONDSHOELACE(モンドシューレース)の運営などをしています。 Twitter、Instagramもやっていますので皆さまと繋がれたら嬉しいです。