スニーカーにおすすめのシューキーパー【大事なスニーカーに!】

スニーカーにおすすめのシューキーパー【大事なスニーカーに!】

スニーカーにおすすめのシューキーパーを2つ紹介します。

スニーカーにはシューキーパーを入れなくてもいいと思っている方もいると思いますが、どんな靴に対しても型崩れを防いでくれため、大切に長く履きたいスニーカーには入れることをおすすめします。

今回おすすめするシューキーパーはプラスチック製と木製の2種類です。後半にはシューキーパーの使い方についてや、シューキーパーに関する疑問についても書いています。

では、詳しくみていきましょう。

 

スニーカーにおすすめのシューキーパー2つを厳選

【プラスチック製】アイリスオーヤマのシューキーパー

サイズ展開1サイズ(24cm~30cm対応)
素材プラスチック
原産国おそらく中国製
価格(税抜き)約1,200円(4セット)

 

おすすめのポイント

【安さが最大の魅力】

1つあたり300円ほどとかなりリーズナブルです。木製シューキーパーだと安くても2,000円はするので、極力安くしたい方にとてもおすすめです。

 

【1サイズで24~30cmまで対応可能】

24~30cmまで一つのシューキーパーで対応可能です。そのため、他の靴にも入れたい時や家族の靴にも入れたい時などにもこのシューキーパーがあれば対応できます。

ここの穴の位置でサイズを調整可能です。

 

スニーカーに入れてみた

アイリスオーヤマのシューキーパーを入れた状態と、入れていない状態を比較しました。

 

【全体】

シューキーパーを入れることでつま先の反り返りがなくなり全体的にピンと張った状態になりました。

 

【履きジワ】

シューキーパーを入れることで履きジワが目立たなくなりました。入れていない場合だとここからひび割れを起こしやすくなります。

 

【カカト】

シューキーパーを入れることでカカトが張りました。カカト部分もシューキーパーを入れていない状態だと徐々にクタっとしてしまい、カカトが浮きやすくなることもあります。

 

【ボールジョイント】

ボールジョイント(親指と小指の付け根部分)は空間があります。空間がないのが理想ですが、履きジワはしっかり伸びていたので問題ありません。

 

以上のように靴全体がしっかり伸びました。安くて対応サイズが幅広くて便利でおすすめできるシューキーパーです。

 

アイリスオーヤマのシューキーパーについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アイリスオーヤマシューキーパータイトル

アイリスオーヤマのシューキーパーをレビュー【プラスチック製で格安】

 

【木製】コロニルのアロマティックシダーシューツリー

サイズ展開S(24~25.5cm) M(26~27cm) L(27.5~30cm)
素材アロマティックシダー(芳香西洋杉)
原産国中国
価格(税抜き)約3,500円

 

おすすめのポイント

【木製で吸湿・消臭効果も期待できる】

木製シューキーパーは吸湿効果があります。

アッパーがメッシュ素材など通気性がいい素材でない限り、履いているとどうしても靴の中が蒸れてしまいます。また、革靴同様にスニーカーも連日履くのは避けた方が靴にはいいのですが、連日使ってしまう場面はあると思います。

そこで、木製シューキーパーを入れておくと吸湿をしてくれますので次の日も快適に履くことができます。

 

さらには消臭効果もあるため、汗をかきやすいシーズンにも木製シューキーパーがおすすめです。特にこのシューキーパーはアロマティックシダーを使っていてシダーのいい香りがします。

 

【ホールド力が高く履きジワをしっかり伸ばしてくれる】

靴の横幅に合わせてスプリングが伸縮してくれるため、履きジワをしっかり伸ばしてくれます。

シューキーパーを入れる大きな目的の一つとして「履きジワからのひび割れ防止」があります。レザースニーカーであれば特に気にするべきポイントですので、スプリングで伸ばしてくれる木製シューキーパーがおすすめです。

 

スニーカーに入れてみた

コロニルのシューキーパーを入れた状態と、入れていない状態を比較しました。

 

【全体】

つま先の反り返りが解消されていて、全体的にピンと張った状態になりました。

 

【履きジワ】

入れていない状態だと履きジワが目立ちますが、シューキーパーを入れることで目立たなくなりました。ひび割れずに長く使えそうです。

 

【カカト】

シューキーパーがカカトに沿って形を整えてくれています。アイリスオーヤマのシューキーパーと比べカカト全体に自然な力が加わっています。

 

【ボールジョイント】

ボールジョイント(親指と小指の付け根部分)までシューキーパーが収まっています。サイズだけでなくウィズにもアジャストしてくれているので、アイリスオーヤマのシューキーパーより安心感があります。

 

以上のように、コロニルはアイリスオーヤマのシューキーパーよりも靴全体にアジャストしてくれるシューキーパーでした。さらには吸湿・消臭効果も期待できるので丁寧にケアをしたいスニーカーにおすすめです。

 

コロニルのアロマティックシダーシューツリーについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

コロニルのシューツリーの評価やサイズ感【アロマティックシダー】

コロニルのシューツリーの評価やサイズ感【アロマティックシダー】

 

スニーカーのシューキーパーの使い方

入れるタイミング

家に帰ったらすぐに入れましょう。一晩置いてから入れる人もいるようですが、すぐに入れて問題ありません。

 

雨に濡れた後の入れ方

雨に濡れてしまった場合は、すぐに入れるとカビの原因になりますので注意が必要です。以下のような手順でシューキーパーを入れましょう。

  1. ブラシで汚れを払う。軽くクリーナーで汚れ落としするとなお良い。
  2. 風通しの良いところ(屋外もしくはリビング)でキッチンペーパーなどを入れて一晩自然乾燥。濡れ方によってはキッチンペーパーを入れ替える。
  3. 朝起きて靴の中があらかた乾いていたらシューキーパーを入れる。

 

補完する時・入れっぱなしにする時の注意点

シーズンオフなどで補完する時など、シューキーパーを入れっぱなしにする場合は以下のことに気をつけましょう。

  • サイズがあっているシューキーパーを入れること
  • 濡れた状態で補完しないこと
  • 箱に入れる場合でも、下駄箱に入れる場合でも半年に一度はシューキーパーを抜いて陰干しすること

 

シューキーパーの使い方についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

シューキーパーの使い方【入れ方や入れるタイミングもご紹介】

シューキーパーの使い方【入れ方や入れるタイミングもご紹介】

 

スニーカーにシューキーパーを入れること関する様々な疑問や意見

スニーカーにシューキーパーはいらない?

結論から言うと、大切に長く使いたいなら入れたほうがいいです。詳しく説明していきます。

 

まずはシューキーパーの役割を把握しよう

シューキーパーには以下のような役割があります。

  1. 靴の履きジワを伸ばすことができる
  2. 靴の形崩れを防止することができる
  3. 靴の消臭ができる
  4. 靴の除湿・乾燥ができる

 

こんなスニーカーにはシューキーパーを入れよう

役割を参考にしつつ、シューキーパーを入れた方がいい靴はこちらです。

  • 履きジワからひび割れる可能性があるレザースニーカー
  • 素材関係なく気に入っていてきれいに長く履きたいスニーカー

 

どんなスニーカーであれ、シューキーパーを入れた方が型崩れせずに使用できます。木製シューキーパーであれば除湿や消臭効果も期待できます。

大切に長く使いたいのであればシューキーパーを入れましょう。

 

定番のスニーカーにも入れた方がいい!

シューキーパーを入れるとどのような効果があるか、定番のスニーカーを例にあげてみました。

【コンバースのオールスター】

ソールのラバー部分(歩くと屈曲する部分)が割れることがありますが、シューキーパーを入れることで軽減できます。

【アディダスのスタンスミス】

合皮・本革・リサイクルレザー全てにおいて、履きジワ部分からのひび割れの可能性がありますが、シューキーパーを入れることで軽減できます。

 

こんなスニーカーには入れなくてもいい

私は唯一シューキーパーを入れていない靴があります。

それは、ランニングシューズです。アッパーが化学繊維などのメッシュ素材でできているし、ソールの反り返りの変化がなく形状が維持されるからです。

 

シューキーパーを入れると伸びるのが心配

シューキーパーを入れることで靴が伸びてしまわないか心配な方。

靴のサイズにあったシューキーパーを入れることで伸びる心配はありません。逆にキツキツのサイズを入れると型崩れを起こしてしまうので気つけましょう。

 

まとめ

大切に長く履きたいスニーカーにはシューキーパーを入れましょう!

スニーカーにおすすめのシューキーパーはこちらの2つ。

 

【アイリスオーヤマのシューキーパー】

おすすめポイント

  • 安さが最大の魅力
  • 1サイズで24~30cmまで対応可能

 

【コロニルのアロマティックシダーシューツリー】

おすすめポイント

  • 木製で吸湿・消臭効果も期待できる
  • ホールド力が高く履きジワをしっかり伸ばしてくれる

 

以上、大切なスニーカーにはシューキーパーを入れてきれいに長く使いましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Judy_Oshima
Loake1880を買ったのが革靴好きの始まりです。 婦人靴ブランドに勤務していたこともあり、パンプスを眺めるのも好きです。 当ブログの運営、靴紐ブランド・MONDSHOELACE(モンドシューレース)の運営などをしています。 Twitter、Instagramもやっていますので皆さまと繋がれたら嬉しいです。