パコミラン(PACO MILAN)のローファーをレビュー【一足目のベルジャンシューズに!】

夏用にベルジャンシューズが欲しいと思い、色々探した結果パコミランを購入しました。

この夏何度か履き大活躍してくれたので、購入したスウェードのベルジャンシューズをご紹介します!

  • 「ボードイン アンド ランジ」は高すぎるな〜と思っている方
  • とりあえずリーズナブルにベルジャンシューズが欲しい方

以上のような方におすすめできる靴です。

ディテールや履き心地についても紹介していますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください!

目次

パコミランはバーウィックのセカンドライン

パコミランはスペインのブランドであるバーウィック(Berwick)のセカンドラインです。

バーウィック同様にスペインのアルマンサ地方の工場で作られているようです。

バーウィックはグッドイヤーウェルテッド製法のドレスシューズを多く展開しており、販売価格は3万円台が多いです。

対してパコミランはマッケイ製法で作られるカジュアルなデザインの革靴が多く見られます。価格は2万円台とバーウィックよりもさらにリーズナブル。

商品展開を見る限り、バーウィックはドレス寄りでビジネスユース向き、パコミランはカジュアル寄りのタウンユース+革靴ライト層向きと棲み分けされているように思いました。

バーウィックが気になる方はこちらの記事をご覧ください。

パコミランの評判

良い評判・口コミ

「しっかりとした作り」「この安さ」などコスパの良さに満足している方がいらっしゃいました。

https://twitter.com/harrywinston111/status/1198536489916698624?s=20

悪い評判・口コミ

革質に対する悪い口コミがありました。下でも書きましたが、私が購入した靴のスウェードの革質は満足できるものでした。

パコミランのベルジャンシューズ、スウェードローファーをレビュー

パコミランのローファーをレビュー

夏に入りベルジャンシューズが欲しいなと思い調べていたところ、この靴を見つけて購入しました。

「ボートイン アンド ランジ(BAUDOIN & LANGE)」が本命でしたが、予算オーバーでしたので2万円ほどでリーズナブルに購入できるこちらにしました。

【ベルジャンシューズとは?】

ベルジャンシューズを物色していたところ、そもそも「ベルジャンシューズ」の定義ってなに?と気になったので調べました。

その起源はNY五番街の高級百貨店ヘンリ・ベンデル(現在は閉業、アンリ・ベンデルとも表記されます)の創業者が、ベルギーの靴職人と一緒に作り上げた靴。“ベルジャンシューズ”と命名し、展開したブランド名が元になっているようです。
 
その特徴は、モカ縫いのトウ(つま先)、薄いソール、広い履き口、柔らかな素材、アンライニング仕上げなどが挙げられます。

LEON

書かれている特徴は全てが当てはまる必要はないようで、「素足で履けそうな軽い雰囲気のローファー」と(勝手に)解釈しましたw

【購入した商品の詳細】

品番4950
ラストHO240
アッパー素材イタリアンスウェード
アウトソール素材レザー+ラバー
製法マッケイ製法
価格20,900円
選んだサイズ41(25.5)

タッセル付きのデザインが欲しかったのですが、完売していたので飾りがないタイプをスーツカンパニーで購入しました。

商品レビューをしていきます!

満足できる革質

満足できる革質

こちらはイタリアンスウェードが使用されています。しなやかできめが細かく満足できる革質だなと思いました。

私が持っているバーウィックのチャールズ・F・ステッドのスウェードと比べるとほんのりきめが荒くて、薄いかな〜と思いました。

サイズ感は標準

サイズ感は標準

私の足の足長は25.5cm、ウィズはC~D相当。パコミランの41で足長はピッタリ、ウィズはやや広かったです。

パコミランのウィズはEくらいかなと思いました。私の足はやや細めなので標準的なサイズ感だと思います。

マッケイ製法で返りが良く履き心地は上々

マッケイ製法で返りが良く履き心地は上々

久々にマッケイ製法の靴を履きましたが、ソールの返りの良さを実感しました。

特にローファーのマッケイはいいですね。

グッドイヤーウェルテッド製法のローファーだとソールの返りが良くなるまでカカトが抜けやすくて履き心地が悪かったりしますが、マッケイだと始めから履き心地がいいです。

ただし、長時間履く時にはグッドイヤーウェルテッド製法の靴の方がアウトソールがしっかりしている分、疲れにくいと思いました。

(ちなみにこの靴はレザーソールの真ん中がくり抜かれて、ラバーが埋め込まれていました。)

マッケイ製法で返りが良く履き心地は上々

アウトソールの薄さはご覧の通りです。

アンライニング仕様ではないので素足では靴擦れするかも

アンライニング仕様ではない

ベルジャンシューズはアンライニングのタイプが多いイメージですが、こちらはライニングがあり先芯もカウンター(カカトの芯)もあります。

そのため、クタっとした見た目にならないといったメリットはありますが、素足で履くと靴擦れしそうです。そのため私はフットカバーを履いて使用しています。

足元を軽く見せたい夏にぴったり

広い履き口で軽快感があるので、足元を軽く見せたい夏にぴったりです。

夏場でもスラックスを履くことが多いのですが、ドレス感もあるデザインなので合わせやすくて大活躍でした。

パコミランの購入方法

私はスーツカンパニーで試着をして、ネットで目当てのデザインを購入しようとしましたが、完売してたので結局スーツカンパニーの楽天サイトで購入しました。

通販

菅原靴店

パコミランの別注商品を販売しています。

盛岡に実店舗もありますが、ECサイトや楽天サイトでも購入可能です。

NEXTFOCUS

ベルジャンシューズ以外の靴も取り扱っています。

名古屋に実店舗がありますが、ECサイトや楽天、Yahooでも購入可能です。

Amazon、楽天、Yahoo

言わずもがなですが、各種ECモールに出品されていれば購入可能です。

ZOZOTOWN

ZOZOTOWNにも何点かありました。

https://zozo.jp/brand/pacomilan/

取扱店舗

スーツカンパニー

スーツカンパニーは全国展開なので、試着してから購入したい方はスーツカンパニーの店舗をうまく活用するといいでしょう。

まとめ:リーズナブルにベルジャンシューズが欲しいならパコミラン

パコミランは2万円ほどでとてもリーズナブルに購入でき、ベルジャンシューズを豊富に展開しています。

  • 「ボードイン アンド ランジ」は高すぎるな〜と思っている方
  • とりあえずリーズナブルにベルジャンシューズが欲しい方

はパコミランで一足目を見つけてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる