靴がサラサラになる”ブリオクリーム”

コロンブスの「ブリオクリーム」というクリームを使ってみたのでご紹介します。

使うとサラサラになるのはとある含有成分のおかげでした。

靴がサラサラに

こちらの”ブリオクリーム”

靴磨きの仕上げに使うと、靴の表面がサラサラになって

ホコリがつきにくくなるんです!

因みに、ホコリが付きやすくなると…

カビが発生しやすくなったり、汚れやシミが付きやすくなってしまいます。

なので、ホコリが付くのは最低限に留めたいところ。

そんな靴がサラサラになるブリオクリームを紹介します。

ブリオクリームの成分

【シリコーン】

パッケージの成分表示に

”ろう、油脂、シリコーン、水”と書いてあります。

ブリオクリームのサラサラの成分はどうやらシリコーンのようです。シリコーンのおかげで、表面がサラサラになり埃が付着しずらくなります。

【油分】

ビーズワックス・ヒマワリワックス・ホホバオイルが配合されています。

ビーズワックスとヒマワリワックスは革の表面に硬く透明な薄膜を作って、持続性のある光沢と柔らかな感触を与えるよう。

ホホバオイルは保湿効果に優れています。皮革に素早く浸透し、繊維間の摩擦を減少させることで皮革にしなやかさと柔軟性を与えるよう。

【有機溶剤不使用】

有機溶剤を使用しておらず、皮革にやさしい中性タイプ。

使ってみよう

ブリオクリームはプルプルしていて、さらに石鹸のような爽やかないい匂いがしました。「シトラスグリーン」の匂いだそうです。

指先、クロスまたはペネトレイトブラシに少量つけて靴全体に広げブラッシング、乾拭きをします。

終了。

写真では伝わりにくいのですが、とてもサラサラしてます!

今回はワックスを付けていませんが、ワックス後に塗ると落ち着いたツヤ感になり、

靴全体の表情が柔らかくなる印象です。

ブリオクリームを仕上げに使うと、ブラッシングだけでホコリや汚れが落ちやすくなるので

ケアが楽になります

また、財布などの革小物にも使えるので一つ持っていると便利です。

今までの靴磨きにブリオクリームを加えてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です