全て検証!革靴クリームおすすめランキング17選【靴墨、色の選び方や使い方も】

靴クリームを17種類を比較して順位をつけました。全て実際に革靴で磨いて検証しています。

靴クリームは種類がたくさんあって、どれを選んだらいいかわからない!と思っている方。

「塗りやすさ」「磨きやすさ」「艶の強さ」「着色力」「香り」などそれぞれで点数をつけたので、目的にあったクリームを選ぶことができます。

目次

革靴クリームの選び方・色の選び方

クリームの種類や役割で選ぶ

クリームにはいくつかの種類があり、それぞれ役割が異なります。そのため、役割によって適切なクリームを選びましょう。

3つの役割

靴クリームの3つの役割
  1. 保湿・栄養補給
  2. 艶出し
  3. 補色

靴クリームには以上の3つの役割があります。

革の潤いを保つために「①保湿・栄養補給」をして、靴をきれいに見せるために「②艶出し」をして、本来の色を保つために「③補色」をします。

ただし、クリームの種類によってどの役割があるのか異なります。クリームの種類とそれぞれの役割を説明していきます。

乳化性クリーム

クリーム_種類_乳化性クリーム

乳化性クリーム(色付き)は「①保湿・栄養補給」「②艶出し」「③補色」3つの役割があります。

3つの役割をバランスよく備えているのが特徴。テクスチャーは柔らかめです。

この記事で紹介する代表的な乳化性クリーム
  • ブートブラック シルバーライン
  • M.モゥブレィ シュークリームジャー

油性クリーム

クリーム_種類_油性クリーム

油性クリーム(色付き)は「①保湿・栄養補給」「②艶出し」「③補色」3つの役割があります。

艶出しと補色の役割に優れているのが特徴。テクスチャーは硬めです。

この記事で紹介する代表的な油性クリーム
  • サフィールノワール 1925
  • ブートブラック アーティストパレット

無色の保湿クリーム

クリーム_種類_保湿クリーム

無色の保湿クリームは「①保湿・栄養補給」「②艶出し」の役割があります。

ただし艶出し効果は少なめのクリームが多いです。

色付きクリームと合わせて使ったり、バッグなど革小物にも使えるタイプです。

この記事で紹介する代表的な無色の保湿クリーム
  • M.モゥブレィ デリケートクリーム
  • ブートブラック リッチモイスチャー

ワックス

クリーム_種類_ワックス

ワックスは「②艶出し」「③補色」の役割があります。

「①保湿・栄養補給」の効果がないわけではありませんが、ロウ分が多く含まれるため艶出しや鏡面磨きをする時に使用します。

また、乳化性クリームと合わせて使うことがおすすめです。

色の選び方

黒の靴に選ぶクリーム

クリーム_色_黒

当然ながら黒の靴には黒のクリームを選びましょう。黒のクリームは濃淡がないので、好きなクリームを選びましょう。

細かく言うと、黄色っぽい黒のクリームや、青っぽい黒のクリームがあります。マニアックな要素ですが、黒の色味に興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

茶色や色物の靴に選ぶクリーム

クリーム_色_茶色
茶色や色物の靴のクリームの選び方
  • そのままの革の色をキープしたい場合は、ワントーン明るい色のクリーム
  • 革を濃くしつつムラをだしたい場合は、濃い色のクリーム
  • そのままの革の色をキープしつつ自然なムラを楽しみたい場合は、無色のクリーム

茶色や色物の革靴には以上のように、目指したい革の雰囲気に合わせて選びましょう。特にこだわりがなければ「ワントーン明るい色のクリーム」を選ぶのがベターです。

無色のクリームについて

クリーム_色_無色

無色のクリームはどの色の靴にも使用可能なのでとても万能です。

特に、ミュージアムカーフのようなムラのある革や、淡めの色の革、色物の革などのそのままの革の色をキープしたい時におすすめです。

目的から選ぶ、おすすめの革靴クリーム【比較表】

今回は色付きの乳化性クリームと油性クリームを比較しました。固形ワックスや色の付いていない保湿クリームは比較対象外です。

靴クリームの評価軸・順位付け・検証方法

靴クリームを使用する上で、「塗りやすさ」「磨きやすさ」の2つの重要な評価軸と、その他の評価軸を含め総合的に判断して順位を決めました。

また、全てのクリームで実際に革靴を磨いて検証しました。

靴クリームの評価軸

【2つの重要な評価軸】

  1. 塗りやすさ
  2. 磨きやすさ

【その他の評価軸】

  1. 艶の強さ
  2. 着色力
  3. 色展開
  4. 価格
  5. 香り

など

2つの重要な評価軸「塗りやすさ」の検証について

クリーム_評価_塗りやすさ

指で塗布して、塗りやすさを評価しました。小さなブラシや布で塗布する方法もありますが、クリームの質感をより感じることができる方法を選びました。

柔らかいクリームは塗りやすく、硬いクリームは塗りにくい傾向があります。

2つの重要な評価軸「磨きやすさ」の検証について

クリーム_評価_磨きやすさ

クリームを塗った後の磨き上げまでの容易さを評価しました。つまり「ブラッシング」→「乾拭き」の工程の容易さです。

「ブラッシング」を少ししただけで艶が出始めるクリームや、数回の「乾拭き」で余ったクリームの拭き取りができるクリームがあります。

その他の評価軸「艶の強さ」の検証について

クリーム_評価_艶の強さ

「クリーム塗布→ブラッシング→乾拭き」で磨き上げた後の艶の強さを評価しました。

ただし、艶の強さは好みもありますので、強いから良いクリームというわけではありません。

その他の評価軸「着色力」の検証について

クリーム_評価_着色力

ヌメ革に塗り込んで、着色力の強さを評価しました。

おすすめの革靴クリーム【比較表】

今回は色付きの乳化性クリームと油性クリームを比較しました。固形ワックスや色の付いていない保湿クリームは比較対象外です。

スクロールできます
商品商品名塗りやすさ磨きやすさ艶の強さ着色力香り色展開容量価格(税込み)価格/10ml
1位
M.モゥブレィ シュークリームジャー蜜蝋のような甘い香り、少しクセがある60色50ml990円198円
2位
サフィールノワール 1925少しの柑橘系っぽく、濃厚でまったりした香り14色75ml2,420
323円
3位
ブートブラック シルバーライン シュークリーム石油っぽい香り40色55ml880円160円
4位
コロニル1909 シュプリームクリームデラックス石鹸のような爽やかで良い香り7色100ml3,080円308円
5位
コロニル アニリンクリーム柑橘系+石鹸のような爽やかで良い香り2色50ml1,320円264円
6位
ヴィオラ シュークリーム柑橘系のまろやかな香り42色35ml880円251円
7位
アルコット レザーモイスチュア爽やかなハンドクリームにありそうな香り36色50ml1,100円220円
8位
イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム柑橘系の強めの香り7色120ml2.200円183円
9位
M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ爽やかでほのかな良い香り7色80ml2,200円275円
10位
ブートブラック シュークリーム(BBクリーム)石油っぽい香り37色?55ml1,100円200円
11位
FAMACO シルキーレザークリーム蜜蝋のようなまったり甘い香り9色75ml1,100円147円
12位
ブートブラック アーティストパレット甘い濃厚な香り20色35ml2,200円629円
13位
ライオン靴クリーム本舗 エクセレントクリーム(ミニ)フローラルの良い香り15色40ml770円193円
14位
YAZAWA シュークリームフローラルの良い香り3色45ml660円147円
15位
コロンブス レザリアンゴールド石油っぽい香り50色25ml880円352円
16位
サフィール ビーズワックスファインクリームほのかに杏仁豆腐のような香り78色50ml1,100円220円
17位
M.モゥブレィ デリケートクリーム(ブラック)爽やかな香り、デリクリ無色と同じ2色60ml1,100円183円

それぞれのクリームについて詳しく説明していきます。

おすすめの革靴クリーム17種類レビュー

1位:M.モゥブレィ シュークリームジャー

クリーム_モゥブレィシュークリームジャー

総合力ナンバーワン!

伸びが良く、磨きやすく、磨いた後は靴の表面がややサラッとします。すっと革に浸透していくためムラなく塗り込むことができます。初めて靴磨きをする方でも綺麗に磨くことができるはずです。

色展開も豊富かつリーズナブルな価格、店舗でも取り扱いが多い商品なので、一度使ったらリピートしたくなるクリーム。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り蜜蝋のような甘い香り、少しクセがある
色展開60色
容量50ml
価格(税込み)990円
価格/10ml198ml

2位:サフィールノワール 1925

クリーム_クレム1925

塗り心地も磨き心地も良く、ギラっとした艶が魅力な、靴磨き好きにも愛用者が多いクリーム。艶が強いと鏡面磨きをする前のベースの磨きとしても大活躍。ラグジュアリーで濃厚な香りも魅力の一つで、さすがフランスのブランドといったところ。

また、乳化性ではなく油性クリームなので、蒸発して固まることもなく何年経っても使い心地が変わりません。2,000円以上しますが、量と劣化のしにくさを考えるとコスパがいいと思います。

乳化性のクリームをいくつか使った後に是非試して欲しいクリームです。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り少しの柑橘系っぽく、濃厚でまったりした香り
色展開14色
容量75ml
価格(税込み)2,420円
価格/10ml323ml

3位:ブートブラック シルバーライン シュークリーム

クリーム_ブートブラックシルバーライン

塗り心地が良く、しっかりと艶が出ます。着色力も優れているため、とてもバランスの取れたクリーム。

色展開も多いので、色物の靴にも合うクリームが見つかるのは嬉しいところ。M.モゥブレィのシュークリームジャーと並んでメジャーな商品で、比べると少し硬めで着色力は高いです。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り石油っぽい香り
色展開40色
容量55ml
価格(税込み)880円
価格/10ml160ml

4位:コロニル1909 シュプリームクリームデラックス

クリーム_コロニル1909シュプリーム

デリケートクリームと同じくらいみずみずしさがあり、伸びが良くて塗り心地が良いです。少しのブラッシングと乾拭きで仕上げられ、短時間で磨けます。

配合されているフッ化炭素樹脂の影響か磨くとサラサラに。このサラサラな仕上がりは革小物にも向いているので、無色を一つ持っていると何かと便利です。

ただしワックスが乗り難い。そのため、クリームだけで仕上げることが多い方におすすめします。少々価格が高いのが難点ではありますが、蓋がしっかり閉まるので水分の蒸発がなく数年にわたって使用できます。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り石鹸のような爽やかで良い香り
色展開7色
容量100ml
価格(税込み)3,080円
価格/10ml308ml

5位:コロニル アニリンクリーム

クリーム_コロニルアニリンクリーム

プルプルの質感で伸びがとてもいいです。素直に革にクリームが浸透していくような使い心地。ブラッシングも乾拭きも少しするだけで艶が出てサラサラになる。質感も仕上がりも同ブランドの1909シュプリームに似ています。

地味なパッケージと裏腹に、とても良いクリームです。靴磨きをしたことがない方でもきっと綺麗に磨けるので、一つ目のクリームにもおすすめです。

色展開が少ないのは残念ですが、黒と無色で探している方は是非試して欲しいクリーム。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り柑橘系+石鹸のような爽やかで良い香り
色展開2色(ブラック、ニュートラル)
容量50ml
価格(税込み)1,320円
価格/10ml264ml

6位:ヴィオラ シュークリーム

クリーム_ヴィオラ

伸びが良くてしっかりと艶も出る。着色力もありバランスが取れている。シュークリームジャーとブートブラックの中間のような使い心地です。

柑橘系のまろやかな香りが良く、容器のコンパクトさも良い、ブリキの蓋を開ける時のガラスの容器に擦れる音も良い。

パッケージが地味なせいかあまり目立たない存在ですが、個人的には好きなクリーム。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り柑橘系のまろやかな香り
色展開42色
容量35ml
価格(税込み)880円
価格/10ml251ml

7位:アルコット レザーモイスチュア

クリーム_レザーモイスチュア

プルプルとした質感で、どこまででも伸びてしまいそうな塗り心地です。このクリームは初めて使ったのだが、塗り心地の良さにびっくりしました。

靴やバッグをたくさん持っている女性向きに作られた商品のようで、他のブランドにはない色展開が魅力。例えば、コーラルピンク、グレージュ、ライトグレーなど女性の靴やバッグ特有の色が豊富にあります。仕方なく無色を使っていた方、ぴったりの色が見つかるかも。

とても良いクリームではありますが、特殊な色が多いので7位の順位。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り爽やかなハンドクリームにありそうな香り
色展開36色
容量50ml
価格(税込み)1,100円
価格/10ml220ml

8位:イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム

クリーム_イングリッシュギルド

伸びが良くないので気持ち多めに取らないと塗り難いです。

ただ、少しブラッシングするだけで瞬く間に艶が出ます。乾拭きもサラッとするだけでクリームが拭き取れてしまいます。伸びが悪いクリームは大抵磨きに時間がかかってしまうのですが、このクリームは違いました。

そして表面がサラサラとするのでホコリの付着も軽減できます。また、着色力も強く補色に向いています。艶の感じはクレム1925にテカリを加えたイメージ。クレム1925愛用者はこれも好きかも。

価格が高いのと、塗り心地の面でこの順位です。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り柑橘系の強めの香り
色展開7色
容量120ml
価格(税込み)2,200円
価格/10ml183ml

9位:M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ

クリーム_モゥブレィクリームナチュラーレ

柔らかめのゼリーのようなプルプルとした質感で、同ブランドのシュークリームジャーよりさらに塗りやすい。仕上がりの艶は少し弱く感じるが、自然な艶を出したい時にとてもいいです。

有機溶剤も使用いていない革に優しい自然派クリーム。香りも良くて女性にもおすすめできます。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り爽やかでほのかな良い香り
色展開7色
容量80ml
価格(税込み)2,200円
価格/10ml275ml

10位:ブートブラック シュークリーム(BBクリーム)

クリーム_ブートブラックブラックライン

シルバーラインと比べて、塗り心地がやや悪い、艶は少し強く感じ、クリームの柔らかさはほとんど同じ、着色力は低かった。新品で比較したが、この結果が正しいかは判断が難しいですが。。。

シルバーラインと同じように使い心地は良くバランスの取れたクリームであるとは言えます。

ただ、そこまで大きな違いはなかったので、価格もリーズナブルなシルバーラインの方がおすすめです。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り石油っぽい香り
色展開37色?
容量55ml
価格(税込み)1,100円
価格/10ml200ml

11位:FAMACO シルキーレザークリーム

クリーム_FAMACO

塗り心地は良いですが、しっかりとブラッシングと乾拭きが必要です。強めの艶が出るのが魅力。

靴クリームとしては珍しいチューブタイプで、蓋が2段階になっていて、チューブを押すと蓋と一体になったスポンジにクリームが染み込み、そのまま靴に塗ることができる2WAYで使えるクリームです。

また、チューブタイプの容器に入っているとクリームが極めて乾燥しにくいので、数年にわたって使用できます。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り蜜蝋のようなまったり甘い香り
色展開9色
容量75ml
価格(税込み)1,100円
価格/10ml147ml

12位:ブートブラック アーティストパレット

クリーム_アーティストパレット

塗り心地も良くて、艶がよく出る油性のクリーム。クレム1925を意識して作られたと思われ、使い心地はほぼ同じですが、よりみずみずしい艶が出ます。

とても良いクリームだとは思いますが、10mlあたり600円を超えて割高で、Amazonで販売されていないのがネック。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り甘い濃厚な香り
色展開20色
容量35ml
価格(税込み)2,200円
価格/10ml629ml

13位:ライオン靴クリーム本舗 エクセレントクリーム(ミニ)

クリーム_ライオンエクセレントクリーム_

少し硬めの質感で、そこまで伸びは良くなかったです。磨き上げると、光すぎず自然な艶が出ます。

香りがとてもいいのが高ポイント。靴クリームらしい石油っぽさや、蜜蝋っぽさは一切なく柔らかくいい香り。磨きやすくはないが、香りを重視する方にはおすすめです。

ちなみにミニサイズは最近出たばかりだと思われます。通常サイズは量が多く色展開も少ないので、このミニサイズは買いやすくて良いです。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香りフローラルの良い香り
色展開15色
容量40ml
価格(税込み)770円
価格/10ml193ml

14位:YAZAWA シュークリーム

クリーム_YAZAWA

粘度があり硬めの質感です。そのため伸びが良くなく、しっかりとブラッシングをしてあげないと乾拭きで布が引っかり繊維が残ってしまいます。ただ、丁寧に磨いてあげるとしっかりとした艶が出ます。

YAZAWAのような硬めのクリームは着色力が高いので部分的な補色に向いています。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香りフローラルの良い香り
色展開3色(ブラック、ニュートラル、ダークブラウン)
容量45ml
価格(税込み)660円
価格/10ml147ml

15位:コロンブス レザリアンゴールド

クリーム_コロンブスレザリアン

やや磨きにくさは感じますが、塗り心地も艶も平均的で、ザ・ベーシックなクリーム。

ダイアナ、カネマツなどの婦人靴店にも売っていて、入門クリーム的な立ち位置ですが、使い心地はやや玄人向けだと感じました。

コロンブスのロングセラー商品で、最近パッケージが変わって「レザリアン」の文字がなくなったのはちょっと寂しい。そして量が少なくなりました。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り石油っぽい香り
色展開50色
容量25ml
価格(税込み)880円
価格/10ml352ml

16位:サフィール ビーズワックスファインクリーム

クリーム_サフィールビーズワックス

塗り心地がイマイチで多めに塗ってしまう。そうなるとブラッシングにも乾拭きにも時間がかかってしまう。玄人向けな使い心地です。

また、ジャムの蓋によくあるツイスト式のキャップなので、密閉性が悪くていつの間にか水分が蒸発して硬くなってしまう。サフィールには申し訳ないですがあまりおすすめできません。

ただ、着色力が高くて補色には向いています。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香りほのかに杏仁豆腐のような香り
色展開78色
容量50ml
価格(税込み)1,100円
価格/10ml220ml

17位:M.モゥブレィ デリケートクリーム(ブラック)

クリーム_モゥブレィデリケートクリーム

伸びの良さや、革に浸透していく感覚はニュートラルと同じ。塗り心地最高。

磨き上げはほんのり艶が出る程度なので、カジュアル使いであまり艶を出したくない革靴に向いています。

ただ、着色力がかなり弱いのであくまで色付きクリームとしての立ち位置ではかなり微妙に感じた。

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り爽やかな香り、ニュートラルと同じ
色展開2色(ブラック、ニュートラル)
容量60ml
価格(税込み)1,100円
価格/10ml183ml

比較表に戻る

番外編:おすすめの保湿クリーム

「保湿・栄養補給」「艶出し」「補色」の3つも役割がある色付きのクリームを紹介してきました。

ここでは「保湿・栄養補給」を目的とした、クリームを紹介します。

M.モゥブレィ デリケートクリーム

油分量が多くなく、塗り心地もいいので、日常的に使う保湿剤としてはナンバーワンだと思います。

油分、ロウ分はあまり強くないので肌に直接触れる部分に塗ってもベタつきがありません。

アッパーに塗るのであれば、デリケートクリームを塗った後に通常の靴クリームを塗ってツヤを出すといいでしょう。

ブートブラック リッチモイスチャー

デリケートクリームと比較すると油分量とロウ分が少し多く入っていると思います。そのため、保湿効果がより期待できます。

デリケートクリームよりもモチっと仕上がり、しっかりと栄養が補給できている気がします。

無臭で、使い心地もよくて、仕上がりもいいので栄養クリームとして最高級のものと言えます。

革靴クリームはどこに売っている?

通販サイト・ECショップ

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

言わずもがなですが、ネットで買うのが楽です。靴クリームの価格的には、送料取られないAmazonが買いやすいです。

靴専門店

  • REGAL
  • ABCマート
  • 東京靴流通センター

など。ただし取り扱い商品は限られています。

靴修理屋

  • ミスターミニット
  • Riat
  • 靴専科

など。ただし取り扱い商品は限られています。

百貨店の靴売り場

  • ISETAN
  • 三越
  • 高島屋
  • 阪急

など。大きな店舗であればそれなりの種類があります。

ホームセンター・雑貨店のシューケアコーナー

  • 東急ハンズ
  • Loft

など。店舗によりますが、東急ハンズは種類は豊富で、複数ブランド置いてある傾向。特に新宿店はかなり豊富です。

革靴クリームの使い方・塗り方

革靴クリームの塗り方

革靴クリームの塗り方3つ
  1. 布で塗る
  2. 専用ブラシで塗る
  3. 指で塗る

革靴クリームの塗り方は以上の3つがあります。それぞれのメリットデメリットとおすすめの塗り方を説明します。

おすすめの塗り方は?

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

スクロールできます
方法メリットデメリットおすすめ度
①布で塗る・指が汚れない・クリームを多く消費する
・布の繊維が残りやすい
②専用ブラシで塗る・指が汚れない
・素早く薄く塗布できる
・革の継ぎ目などにも塗布しやすい
・色別で揃える必要がある
③指で塗る・クリームが浸透しやすい
・革のコンディションを把握できる
・指が汚れる

以上のようなメリットデメリットがあり、「②専用ブラシで塗る」が最もおすすめです。

特に革の継ぎ目やコバの隙間にもブラシの毛が入り、満遍なくクリームを塗布できるのは嬉しいポイント。

専用ブラシはこちらのペネトレイトブラシがおすすめです。

個人的には「③指で塗る」ことも多いです。革の乾燥している部分を指で感じることができるので、丁寧に磨きたい時は指で塗っています。

革靴クリームの使い方

靴クリームには「保湿・栄養補給」「艶出し」「補色」の3つの役割があります。

10回履いたら1度靴クリームを入れて手入れをすることで、3つの役割のおかげでコンディションを保つことができます。

革靴クリームの使い方・手順

  1. シューキーパーを入れる
  2. 馬毛ブラシでホコリを落とす
  3. クリーナーで汚れ落とし
  4. クリームで栄養補給
  5. 豚毛ブラシでクリームを馴染ませる
  6. ネル布で乾拭き

靴クリームを入れる前に、クリーナーで古いクリームや汚れやを落とす必要があります。これを怠るとクリームが厚塗りになってしまいひび割れに繋がることがありますので注意しましょう。

詳細はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ:おすすめの革靴クリーム

選び方、塗り方も含めて、おすすめの靴クリームについて紹介しました。

以下の評価軸を元に、実際に磨いて比較しました。

靴クリームの評価軸

【2つの重要な評価軸】

  1. 塗りやすさ
  2. 磨きやすさ

【その他の評価軸】

  1. 艶の強さ
  2. 着色力
  3. 色展開
  4. 価格
  5. 香り

など

トップ3はこちら

比較表に戻る

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる