靴クリームのジュエルのVIOLA(ヴィオラ)をレビュー・評価

ジュエルのヴィオラを購入しました。

今まで存在は知っていたものの、パッケージが地味なせいか何となく手に取らずにいました。

 

早速結論ですが、

実際に使用してみた上で、ヴィオラの特徴をまとめるとこのようになります。

  • 深いツヤ感
  • 容量少なめ価格も抑えめ
  • 色が豊富(特にブラウン系)

クリームの使用感、価格を考えるとかなりおすすめです!

クレム1925をメインに使用していましたが、今後はヴィオラでいいと思ってしまいました。

 

ベタ褒めしていますが、詳しくご説明していきます。

 

 

ジュエルとは?ヴィオラとは?

知名度が高くないので、まずは「ジュエル」と「ヴィオラ」についてご説明します。

 

株式会社ジュエルというシューケア製品のメーカー

大正12年(1923年)に創業(当時は「八千代商会」)。

創業当初から靴クリームの製造・販売を行っていたようです。

もうすぐ創業100年という長い歴史をお持ちの会社です。

 

本社は池袋にあるようです。

 

ヴィオラというブランド

株式会社ジュエルのシューケアブランドの名前が「ヴィオラ」。

このヴィオラは元々、株式会社品川油化研究所の持っていた商標でしたが、平成4年に株式会社ジュエルが事業継承をして現在にいたるようです。

ジュエルは当時自社の靴クリームの品質に問題があったようで、この事業継承によって品質が向上したとのこと。

 

調べてみるとそんな歴史がありました。いやー面白い。

 

参照:http://www.jewelweb.jp/pages/history.html

 

ヴィオラのシュークリームの特徴

ヴィオラシュークリーム

スペック概要

色の種類42色
容量35g
値段(税抜き)800円
香りほんのりいい香り
ツヤ(弱い1 〜 5強い)4
伸びの良さ(悪い1 〜 5良い)3
着色力(弱い1 〜 5強い)4

色も豊富、容量は少なめですが1000円を切る価格なので、様々な色を気軽に試せますね。

下でさらに詳しく説明します。

 

 

色素は染料のみ使用

ヴィオラシュークリーム

染料は革の中に浸透し、顔料は革の表面に付着します。

なので染料ベースの靴クリームは、革本来の風合いを保ちつつ着色できるという特徴を持っています。

 

同価格帯の靴クリームで染料ベースといえば「モゥブレィのシュークリームジャー」があります。

とあるシューケアの大ベテランの方も仰っていましたが、シュークリームジャーよりヴィオラの方が着色力があるとのこと。

 

乳化剤の量を抑えて固形分が多い

公式HPには固形分が多く、水分や有機溶剤の含有量が少ないせいか

「伸びが今ひとつ」「ビンの蓋を開けっ放すとすぐダメになってしまう」と書いてありました。

 

デメリットを会社自ら書いていましたが、メリットとしては

固形分が多いおかげでシュークリームジャーよりヴィオラの方が着色力が強いのだと思います。

 

ブリキのフタとガラス容器

ヴィオラシュークリーム

パッケージの素材は高級感があります。

フタを取るときに出る、ブリキとガラスが擦れた「シュッ」っという音が好きです。。。

 

容量少なめ価格抑えめ

ヴィオラは35gで800円

シュークリームジャーは50gで900円

クレム1925は75gで2200円

アーティストパレットは35gで2000円

 

容量が少なく、価格も抑えめなのでいろんな色を試せていいと思います。

実際クレム1925ほどの容量があると使い切らない内に、乾燥してしまうこともありますからね。

 

42色と豊富な種類

42色と豊富で、変わった色だと「レモン」「ライトグレー」なんかもありますが、茶系の色が多いところが魅力です。

微妙な色の違いの茶があると、爪先部分だけ少し濃い色を入れたりなど、靴磨きが楽しめます。

 

私は今回「ブラック」と「ウィスキー」を購入しました。

この靴は無色を使うことが多かったのですが、これからはウィスキーで育てていきます。

ヴィオラシュークリーム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Judy Oshima(@judy_oshima)がシェアした投稿

 

色一覧

ヴィオラシュークリーム

参照:http://www.jewelweb.jp/pages/products-cream01.html

黒/茶系
ブラック/ディープブラウン/ダークブラウン/セピア/ダークバーガンディ/ダークオーク/コーヒーブラウン/チェスナット/ブラウン/ライトブラウン/ コニャック/チョコブラウン/レッドシダー/サンド/モカ/カーキ/ウィスキー/キャメル/ダークキャメル/ニュートラル

赤・青・グレー系
レッドブラウン/グレイスレッド/ボルドー/ローズワイン/レッド/パープル/ブルー/ダークブルー/ネイビーブルー/グレー/ ライトグレー

黄・緑・白系
レモン/ダークカーキ/オフホワイト/ベージュ/カジュアルベージュ/アイボリー/ダークベージュ/シャンペン/ダークグリーン/ライトグリーン/ オリーブグリーン

 

 

ヴィオラのシュークリームの使用感

ヴィオラシュークリーム

乳化性でツヤが強めのイングリッシュギルド・ビーズリッチクリームと使用感を比較してみました。

 

案外伸びは良い

伸びが悪いと公式HPにも書いてありましたが、悪くないです。塗りやすかったですよジュエルさん。

ビーズリッチクリームの方が伸びは悪かったです。

 

深いツヤ感

ビーズリッチクリームよりツヤが強かったです!

写真では分かりづらいと思いますが、ヴィオラはより深く強いツヤが出ました。

ヴィオラシュークリーム

 

クレム1925がツヤが簡単に出るし、上質な香りも好きなので愛用しているのですが、今後はヴィオラでもいいかもしれません。

 

特別さらさら感はない

ビーズリッチクリームはサラサラするのが特徴ですが、そう言ったサラサラ感はありません。

しかし、ブラッシングと乾拭きをしっかり行えば何の問題もありません。

 

着色力も十分

黒に黒、ライトブラウンにウィスキーを使ったのでわかりづらいのですが、着色力も十分と感じました。

着色力に関してのビーズリッチクリームとの比較は難しいところです。おそらく同等かなと。

 

以上のように比較しましたが、トータル的にヴィオラに軍配が上がりました。

 

もちろんビーズリッチクリームもいいクリームですよ。詳しくはこちら。

イングリッシュギルド・ビーズリッチクリームをレビュー【黒が青い】

 

ヴィオラのシュークリームの評価、まとめ

ヴィオラシュークリーム

ヴィオラの特徴をまとめるとこのようになります。

  • 深いツヤ感
  • 容量少なめ価格も抑えめ
  • 色が豊富(特にブラウン系)

クリームの使用感、価格を考えるとかなりおすすめです!

今まで使ってこなかったことを後悔です。

 

とあるシューケアの大ベテランの方がクレム1925を買うならヴィオラを3つ買うと仰っていましたが、その意味がわかりました!

私自身クレム1925を何色か揃えていましたが、今後はヴィオラで揃えて行こうと思います。

 

良い靴クリームに出逢えました!

 

 

ヴィオラ含めおすすめの靴クリームをまとめていますので、他の靴クリームも知りたい方はこちらもご覧ください。

おすすめ靴クリーム

おすすめの革靴クリーム(靴墨)12選【比較】【靴磨き】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です