ジョージジェンセンの靴べらが美しすぎる【VOYAGEシューホーン】

ジョージジェンセンの靴べらが美しすぎる【VOYAGEシューホーン】

ジョージジェンセン(GEORG JENSEN)のスタンドタイプの靴べらVOYAGEシューホーンをレビューします。

デザインが美しく、薄くて使いやすい靴べらでした。

実際に使ってみた感想やディテールを詳しく説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ジョージジェンセンの靴べらが美しすぎる【VOYAGEシューホーン】

価格・スペック

ブランドジョージ ジェンセン
デザイナーマイケル・ヤング
タイプロングタイプ
素材ステンレス、ABS樹脂、レザー
サイズ長さ534mm
原産国デンマーク
製造中国
価格(税抜き)約12,500円

ジョージジェンセンは1904年デンマーク創業のブランドで、ジュエリーやホームアイテム、シルバー製品などを扱っています。

デンマークのブランドですので、北欧らしいシンプルかつ機能美があり温かみを感じるデザインの製品を展開しています。

VOYAGEシューホーンは1万円越えとシューホーンとしてはかなり高額です。写真で見る限り高級感漂うデザインですが、果たしてこの価格に見合った製品なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

商品レビュー・ディテール

パッケージ

高級感のあるネイビーの箱に入っていました。

全体的なデザインと長さ

下に向かってなだらかに広がっていく、曲線美がたまらなくかっこいい。

シルバーとブラックのツートンカラーで都会的なデザインですね。

靴べら単体で見ても美しい形状です。

長さは534mmと書いていありましたが、持ち手を除いた靴べら本体の長さは約460mmでした。右のレオナルドデザインは靴べら本体の長さは約580mm。

このようにジョージジェンセンはやや短かかったです。

そのため、台座から抜き取る時や足入れの時により深く屈まなければなりません。もう少し長かったらより使いやすいと思いました。

レオナルドデザインの靴べらについてはこちらをご覧ください。

台座

プラスチックのような素材ですが、見た目の安っぽさはありません。

しっかりと重さがあり、靴べらを抜き差ししてもずれませんでした。

どの角度からでも靴べらを抜き差しできるようにデザインされています。

抜き差しする時にステンレスが擦れて出る「スッ」という音が気持ちいいです。

質感

曇りのないステンレスの素材で、とても高級感があります。

ロゴネームもさりげなく入っています。

アルミ素材のレオナルドデザインの靴べらと比べると、より薄く高級感があり、かなり軽いです。

靴べらの裏側もチープな感じはしなく、きれいな作りになっています。

ディテール

とても薄いです。薄いと足入れがしやすく、タイトフィッティングの靴でも靴のカウンターを痛めずすみます。

この薄さが特に気に入っています。

際の部分はしっかりと削れていて、全く角がありません。

持ち手のストラップがついている部分も丸くなっていて角がないです。

ストラップはラバーのような素材でした、滑らないし柔らかくていいのですが、ちょっと安っぽく見えます。革素材だともっといいと思いました。

まとめ:美しいフォルムで高級感があるデザイン、やや短めなのが惜しい

レビューをまとめるとこのようになります。

ジョージジェンセンのレビューまとめ

【良いところ】

  • 美しく高級感あるデザイン
  • 薄くて足入れしやすい
  • 軽くて持ちやすい

【惜しいところ】

  • やや短く、足入れの時に屈む体制が少しつらい
  • 持ち手のストラップが安っぽい

1万3千円ほどする靴べらですが、私が靴べらを選ぶ時に最も重視している「薄さ」があり、とにかくデザインが美しいので、この価格の価値はあると思いました。

玄関にあるととても映えます。ご自宅用に、プレゼントにもおすすめです。

ロングタイプ、携帯タイプ別におすすめの靴べらを紹介しています。こちらも靴べら選びの参考にしてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる