コスパ最高ジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)評判と2年半使ったレビュー

ジャランスリワヤを購入してから2年半が経ったので、実際に使ってみた感想をレビューします!

僕がジャランスリワヤを購入したきっかけは、友人の紹介でした。

友人がジャランスリワヤを履いているということで履き心地など詳しく聞いてみると、

値段の割に革質も良く、作りもしっかりしていると言っていたので購入してみました。

ジャランスリワヤとは

1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業。オランダの植民地であったことから外国人向けのミリタリーブーツを手がけていました。

経営者の息子ルディ・スパーマンが「これからは平和の時代だ」という想いから、靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を積み、フランスで皮革の生産を学び「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りも可能にしました。

そして2003年に待望の「JALAN SRIWIJAWA」ブランドが誕生しました。

http://www.jalansriwijaya.com/about/

インドネシアは特別革製品の製造に強いわけではないですが、オランダの植民地としてミリタリーブーツを作っていたのがきっかけになっている様です。

創業してからは長いものの、ジャランスリワヤブランドは2003年誕生とかなり若いブランドです。しかし、ユナイテッドアローズなどで販売され別注商品も作っていることもあり若い世代にも認知があるのではないかと思います。

ジャランスリワヤの価格は3万円前後ととてもリーズナブルです。ちなみにイギリスのクロケット&ジョーンズのハンドグレードの商品の価格は10万円前後。革質なども違うにせよハンドソーンでこの価格はかなりコスパのいい靴と言えるでしょう。

コスパの秘密はやはり賃金水準です。

2017年のデータによるとインドネシアの首都ジャカルタ(ジャランスリワヤはバンドンに工場を持つ)の月額賃金は310ドル、横浜は2493ドル、中国の工業地帯である上海は580ドル。

このデータを見るだけでインドネシアの賃金の安さはお分かりいただけるでしょう。

取扱店舗

主に取扱があるのは、ユナイテッドアローズ、ビューティーアンドユース、ビームス、百貨店です。詳しくはリンクをご覧下さい。

http://www.jalansriwijaya.com/shop/

ジャランスリワヤの評判

購入者のコメントを見てみました。

ジャランスリワヤは、チャッカ—ブーツと2足目になります。どちらもダイナイトソールなのですが、 この造りで この皮で CPが良い 気兼ねなく履けること——といったところが買いでしょうか。ただ、まだ全体的に固いので履きこなすのに時間はかかると思います。フェースが変わっていくのを楽しみにしてます。 

このクオリティでこの価格は素晴らしいと思います。別の靴も買いたい。

同じラストで5足目なので、サイズは問題ありませんでした。
履き降ろす前にしっかりとデリケートクリームを入れて甲の部分を揉んでいたので、履きジワも細かく、バッチリです。

初めてジャラン スリウァヤの靴を購入しましたが価格の割に良い革を使われていて満足です。百貨店の価格帯だと3~5万程のものと同等かと思います。
サイズ感はイギリス系のエドワードやクロケットと同じ感覚で選ばれてた良いかと思います。当方はUK7.5、US8を選びます。ジャランは7.5でジャストサイズでした。

リピーターの方も多くいて、一つの木型が合えばネット販売のデザインも豊富なので他のデザインでも選びやすくなります。コメントをたくさん見ましたが、マイナスなコメントはほとんど見当たりませんでした。

総じてコスパの良さに満足している方が多いです。

購入したジャランスリワヤのセミブローグをレビュー

デザインは仕事柄ジャケパンスタイルが多いので飾りがあるものが欲しいと思い、フルブローグの靴は持っていたのでこちらのセミブローグをチョイスしました。

この靴は履き始めから素材が柔らかくて、靴擦れも起こした事がないです。

また、ややムラ感がある素材が味があってすごく雰囲気のある靴です。

靴磨きは主にサフィールのクレム1925コニャックを使ってます。

茶靴良さはなんといっても靴磨き!

クリームによって微妙に色も変わってくるし、経年変化が楽しめます!

ダークブラウンだと色のコントロールは時間がかかるし、色が明るすぎると傷や汚れが目立ってしまうので、このくらいの色が磨きやすくて一番茶靴の経年変化が楽しめるのかなと思います。

スペック

  • 価格:30,000+税
  • 製法:ハンドソーンウェルテッド製法
  • サイズ:23.5cm〜28.5cm
  • ウィズ:E〜EE相当
  • ラスト:11120
  • カラー:VEGNO MARRON
  • アッパー:デュプイ社カーフレザー
  • ソール:レザー
  • 品番:98441

【ハンドソーンウェルテッド製法】

グッドイヤーウェルテッド製法の原型ともなる製法。最後のアウトソールの縫いのみを機械で行い、他の工程は全てハンドメイドで作られます。最大の特徴は手縫いでなくては不可能な、曲がった針を使う”すくい縫い”。
また、グッドイヤーウェルテッド製法に用いられる”リブ”と言うパーツを使わないため、ソールの返りが良いのが特徴です。

【11120ラスト

11120というラストはジャランスリワヤの定番のラストで、様々な靴にこのラストが使われています。スッキリしたシルエットでノーズの長さのバランスもちょうどよく、美しいラストです。

ディテール

【5アイレットアデレードセミブローグ】

カタカナばかりの用語。説明します。

・5アイレット

→アイレットは紐を通す穴のこと。この靴の穴は5つあるので、5アイレット。

“アイレット”は日本語だと”鳩目”。内羽根のドレスシューズは5アイレットが多いです。フォーマルに見えるのがこの5アイレット。

・アデレード

左:アデレード(ジャランスリワヤ)、右:通常のステッチ(ローク)

アイレット(鳩目)の周りのステッチの形状がこの様に竪琴の様な形になっているデザインのこと

→つまりアデレートの意味は楽器の竪琴

という情報もありましたが、なぜ「アデレード」と言うのかははっきりしていない様です。ロンドンのジョンロブではこの様なデザインを”Whole Cut Oxford Laid Under Facings Brogued“と表しており、統一された呼び名ではないようです。(https://allabout.co.jp/gm/gc/445379/all/)

アデレードのデザインは通常のステッチのデザインと比べるとドレッシーな印象があるかなと思います。

・セミブローグ

→一文字でパーフォレーションとメダリオンが施されているデザイン

この靴を見ていただくと分かるが、各パーツを縫い合わせている部分が単純なステッチではなく穴飾りがついているものを「パーフォレーション」。つま先の部分の穴飾りを「メダリオン」と呼びます。この穴飾りの総称を「ブローグ」と言うようです。

ちなみに、ブローギングがウイングチップでメダリオンがついているものが、「フルブローグ」。上のロークがフルブローグ。そのつま先の部分が一文字になっているものが「セミブローグ」と言います。メダリオンが付かないと「クウォーターブローグ」です。

セミブローグは装飾が多すぎず少なすぎす遊び心のあるデザインと言えるでしょう。

革質

フランスのデュプイ社のカーフを使用しています。2年半使用していますが、細かいシワはありますが上記にもあるロークの最上位ライン「Loake1880」(約6万円)の革と比べても遜色ないしなやかで上質な革だと思います。

同等の革を使ってこの価格差と考えると嬉しいポイントです。

サイズ

私の足はサイズ:255mm、ウィズ:A〜Cですが、サイズ7.5(ウィズはE〜EE相当)を選びました。

やや靴の中で足が動くし、踵の浮きが気になるので、サイズは7の方が良かったと思います。ミスりました。ネットにはやや甲が低くて、ウィズが狭くサイズをあげた方がいいと書いてあったので基本7の私は7.5を選んで見ました。サイズ選びは通常のサイズを選んで問題ないと思います。

ヒールカップの大きさは同価格帯のバーウィックと比べるとやや小さいと思います。

この靴の欠点。。。

今の所褒めてしかいないので、「ローク1880」のフルブローグと比較して欠点を言います。

価格はジャランスリワヤ:約3万円、ローク:約6万円と価格の開きはありますが比べてみます。

【パンチング部分の色の入りが雑】

良く見ると黒い色がパーフォレーション穴飾りの中に入っているのがわかりますか?しかもそれがまばらなんです。雑です。このアッパーの色だから気になると思いますが、購入時はちょっと気になってしまいました。

ノーサンプトンで作られているローク1880やこの価格帯でもメイドインジャパンにはこのような大雑把さはまず見受けられないと思います。

【カウンターのステッチが不揃い】

かなり細かい部分ですが、上のジャランのカウンター真ん中のステッチは左右不揃いです。特に右足のステッチが雑です。下のロークにはそう言ったことはなく左右とも綺麗です。

このように細かい欠点はありますが、総じてコスパが良く満足しています。

Loake1880についての記事はこちら↓

【”ローク1880(Loake 1880)  バッキンガム” スーツでもカジュアルでも決まる!】

2018.05.25

靴磨き

使っているクリームは主にこちらの3つ

①サフィールのデリケートクリーム

②サフィールノワールクレム1925のコニャック

③サフィールノワールクレム1925のタバコブラウン

【靴磨きをザックリ説明すると】

①のデリケートクリームで水分や栄養を与え

②のコニャックで補色と補油をして、ツヤを与えます。

③のタバコブラウンはつま先と踵部分に少しずつ使用して、

気分によってアンティーク仕上げにする時もあります。

デリケートクリームと言えばモウブレイですが、ブランドを統一してサフィールを使っています。同じブランドのものを使うと効率よく栄養分を革に与えられるのかなと思います。それぞれのクリーム同士の相性が良いはず。(多分そんなに変わらない…)

【クレムを使う理由】

デリケートクリームとクレムを使用することが多いのですが、理由を説明します。革素材は油脂が栄養です。そのため定期的に油脂を入れ込んで上げる必要があります。デリケートクリームは水分が多く油分が少ないので、その油分を補填する意味でクレム(油性クリーム)を使っています。

靴を育てる際は「油脂を与えること」に注目するとアッパーの長持ちに繋がるでしょう。

【シューキーパーはマストで使いましょう 】

必ずシューキーパーを入れて、型崩れとひび割れを防ぎましょう。

入れるだけで、長持ちに繋がります。長持ちさせるためには磨くことより重要です。

靴磨きに関する記事はこちら↓

御手洗メソッドの「プレメンテ」Part1、「履く前の3日間のメンテ」をやってみた

2019.01.18

ジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)のセミブローグ・マロンをクレム・コニャックで磨いたBefore&After

2018.05.24

超おすすめ!絶対買うべきコスパ最高シューキーパー!!

2018.09.20

コーディネート

この靴は主に仕事用として使っているので、ジャケパンスタイルでこの靴を合わせています。ジャケパンで使いやすいのがセミブローグの良さだと思います。

ジャランスリワヤの他の靴のコーディネートもインスタで見てみましょう。

【セミブローグ】

筆者のインスタ。2年週2ほどガシガシ使っていますが、履きジワが細かく素材の良さが伺えます。 手入れは、サフィールノワール・クレム1925コニャックです。もともとマロンの色でしたが、今は完全にコニャックの色になっています。好きな色にアレンジしやすいのがこれくらいの色の良さです。

【クウォーターブローグ】

セミブローグの靴と同じ素材、同じラストですが使うクリームで雰囲気がだいぶ変わります。
ダークブラウンで磨いているようです。

【ローファー】

この時期はローファーにくるぶし丈のパンツを合わせたくなりますね。

【レディース・ビットローファー】

レディースの展開が豊富なのもジャランスリワヤの魅力。
女性がいい革靴をさらっと履きこなしているとグッときます。

●プレーントゥ

【ダブルモンクストラップ】

 

素材のきめの細かさが伝わります。光らせやすいとコメントありますが、上質な革は光らせやすいです。
こちらのダブルモンクも「ラスト11120」。このラストが足に合えば様々なデザインも安心して選べます。

ご紹介した靴は、3万円前後。
やはりこの価格に驚いてしまいます。お持ちでない方、一足是非履いてみてほしいです。

コスパ良し!履き心地良し!革質良し!

ジャランスリワヤを皆さんも是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です