ideaco noppo2をレビュー!マグネットタイプのロングな靴べら

「ideaco noppo2」(イデアコ ノッポ2)を実際に使いレビューしました。

「ideaco noppo2」は玄関用に使える長い靴べらで、マグネットでドアなどにくっつけられるのが最大の特徴です。

  • ご自宅の玄関ドアが鉄製でマグネットがくっつく方
  • 収納スペースを最低限にしたい方
  • 長い靴べらが欲しい方

以上のような方におすすめの靴べらです。

では「ideaco noppo2」について詳しく見ていきましょう!

本記事はイデア株式会社様から商品を提供いただき作成しています。

  • 靴ひもがほどけやすくて困っている
  • 毛羽立ちが気になる
  • 既製品では理想の長さが見つからない

そんな方におすすめの「ほどけにくく」「毛羽立ちにくい」靴ひもがあります!
しかも、MONDSHOELACEは長さを1cm単位でオーダー可能です!

目次

「ideaco noppo2」の概要

素材プラスチック(ポリカーボネイト)
サイズ長さ65cm
原産国中国
価格(税抜き)約3,200円
薄さ
履きやすさ
プレゼントのおすすめ度

日本のライフスタイルブランド「ideaco」

ideacoは日本のライフスタイル用品のブランドで、シンプルでおしゃれなデザインかつ実用性も考えられたアイテムを提供されています。

この記事で紹介する「noppo2」も正にデザイン性も実用性も備わった靴べらでした。

マグネットタイプで玄関ドアにくっつく仕様

「ideaco noppo2」の最大の特徴なのがマグネットタイプであること。

長い靴べらは置き型のスタンドタイプがメジャーですが、置き場に困ることもあると思います。

そこで、マグネットタイプであれば鉄製のドアなどにくっつくので、収納スペースを最小限にできるのが良いところです。

ideaco

使いやすく改良しnoppo2にアップグレード

2022年に「noppo」から「noppo2」にアップグレードされました。

以下の点が改良されたようです。

  1. 素材の変更:強くてしなやかなポリカーボネイトに変更
  2. 長さの変更:71→65cmに短くし、引き抜きやすい長さに調整
  3. マグネット部分の形状の変更:マグネットの貼り付け部分を平らにすることで、貼り付けやすさUP

改良が施されている点、ブランドとしての信頼性も感じますね。

「ideaco noppo2」の外観

女性宅にもおすすめなデザイン

円柱を削ったようなフォルムで、シンプルかつ丸みが可愛らしい靴べらなので、男性だけでなく女性宅にもおすすめだと思いました。

おしゃれな3色展開

落ち着いた色味のブラウン、ベーシックカラーのホワイト、そしてアンニュイな雰囲気漂うアッシュグレーの3色展開です。

男女問わずに色選びが楽しめそうな色展開ですね。

ideaco

表面はサラサラ

「マット仕上げ」をしているようで、表面はサラサラで触り心地が良いです。

直線的な形状、長めの65cm

履きやすさを考え縦にもカーブがある靴べらが多い中、直線的な形状をしています。果たして履き心地はいかがでしょう。

また、65cmと長め。改良前の「noppo」は71cmでしたが、短く感じたりしないでしょうか。

使い心地のレビューは下でご覧ください。

かなり軽い!

140gとかなり軽量。

私が愛用している「レオナルドデザイン スピッロ」はアルミ製で404.5gと約3倍。軽いのはプラスチック製のメリットですね。

少し厚いかも

3mmほどとやや厚いように思いましたが、私が愛用する「レオナルドデザイン スピッロ」と同じくらいでした。

「ideaco noppo2」の使い心地

長さ65cmでほとんど屈まずに履ける

身長176cmの私ですが、少し片膝を曲げる程度で履けました。

「noppo」の71cmから「noppo2」の65cmに改良がありましたが、65cmでも十分に感じます。

私の身長であれば71cmの方がより膝を曲げずに履けるはずですが、もっと身長の低い方にとっては抜き取る時に長すぎて突っかかってしまうんだと思います。

短く改良したのは女性も含めた平均身長を考えた結果ではないでしょうか。

直線的と思いきや、曲がってくれるので履きやすい

靴べらは履きやすいように縦方向にもカーブがあるのがほとんどですが、「ideaco noppo2」は直線的。

その点履きづらいのでは?と思いましたが、足を入れた時に程よく曲がってくれて履きづらさは感じませんでした。

強くてしなやかな「ポリカーボネイト」に素材を変更したためでしょうか。正に改良です。

ヘラの横カーブが原因か少し足入れしづらい

少々足入れしづらく感じました。

靴べらを使う時はカカトのやや内側に添えるとスッと足入れできるのですが、内側に添えるとヘラの横のカーブがきついせいかフチがカカトに当たってしまう感覚があります。

レオナルドデザイン スピッロ」だとこんな感じ。

「ideaco noppo2」と「レオナルドデザイン スピッロ」を比べるとご覧の通り。「ideaco noppo2」は横のカーブがきつくフチが出てますね。

カカトに真っ直ぐ当てるとヘラのカーブが合うので、真っ直ぐ当てる想定で設計されたのでしょうか。

カカトの内側に当てるのが靴べらを履く時に最適だと思うので、個人的には惜しい点でした。

玄関のドアにピタッとくっつきドアを開閉してもずり落ちない

鉄製の玄関のドアにくっつけたところ、しっかりとくっつき、ドアを開閉してもずり落ちることはありませんでした。

「noppo」では「ずり落ちる」といった口コミが見られましたが、「noppo2」でマグネット部分の形状が平らに改良されたためか、全くずり落ちる心配はないです。

フックでシュークローゼットにかけられるのも便利

棚にかけて収納も可能です。

引っ越してマグネットがくっつく場所がなくなった場合にも役立ちそうです。

滑り止めもしっかり効いて安定感ありました。

「ideaco noppo2」まとめ

以上「ideaco noppo2」をレビューしました。

  • ご自宅の玄関ドアが鉄製でマグネットがくっつく方
  • 収納スペースを最低限にしたい方
  • 長い靴べらが欲しい方

そんな方におすすめの靴べらでした。該当の方はぜひお試しください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる