コロニルのアニリンクリームがなかなか良いクリームだったのでレビュー

「コロニル アニリンクリーム」はご存知ですか?

パッケージが地味なこともあり、あまり目立たないクリームですが、使い心地がとてもよかったので紹介します。

使い心地、仕上がり、類似クリームとの比較などをまとめましたのでぜひ靴クリーム選びの参考にしてください。

冒頭にもまとめを書いておきますね。

使い心地と仕上がりはこちら
  • 伸びが良くて塗り心地最高
  • 塗った後サラサラになる
  • 自然な艶が出る
  • 保湿効果良し
類似クリームと比較するとこちら
  • 「M.モゥブレィ デリケートクリーム」よりしっかりと補色ができる
  • 「コロニル1909 シュプリーム」より自然な艶が出る

では詳しくみていきましょう。

目次

「コロニル アニリンクリーム」の特徴

塗りやすさ
磨きやすさ
艶の強さ
着色力
香り柑橘系+石鹸のような爽やかで良い香り
成分植物油、アロエヴェラ成分、油脂
色展開2色(ブラック、ニュートラル)
容量50ml
価格(税込み)1,320円
価格/10ml264ml
コロニルアニリンクリームの価格やスペック

植物性オイルとアロエヴェラ成分

植物性オイル配合 繊細なレザーの保革に

浸透力に優れた植物性オイルとアロエヴェラ成分が皮革に高い保湿、栄養効果と潤いのある光沢を与え、繊細なアニリン染め仕上げのカーフ、ラム革などの質感を高めます。

コロニル公式

植物性オイルとアロエヴェラ成分がこのクリームの成分の特徴のようです。

アロエベラ (Aloe vera) はアロエ属に属する多肉植物の一種

肌のしわや弾力性に対して一定の改善効果がある

Wikipedia

アロエヴェラについて調べたところ、肌のしわ改善にも効果があるようです。

革に優しそうな成分であることがわかりました!

アニリンカーフ用に作られたシミになりにくいクリーム

名前にある通り、アニリンカーフ用として販売されているクリームです。

アニリンカーフは水性染料を使用した革で、シミになりやすい、色落ちしやすいデメリットがあり、反対に染料染めらしい革のムラ感や味が楽しめるメリットがある革です。

「コロニル アニリンクリーム」がアニリンカーフ用であるポイントは以下の2つであると予想します。

  • 水分量が多い
  • 植物油を使用している

ちなみに、アニリンカーフにしか使えないわけではなく、その他の革にも使えます!

「アニリンカーフ用」というより、シミになりにくく革に優しいクリームだと認識しておくといいのかなと思います。

プルプルな質感でデリケートクリームや1909シュプリームに近い

質感がプルプルしていて、「コロニル1909 シュプリーム」や「M.モゥブレィ デリケートクリーム」と似た質感です。

香りが良い

柑橘系+石鹸のような爽やかで良い香りがします。

靴クリームらしい石油っぽい香りが苦手な方にもおすすめできます。

「コロニル1909 シュプリーム」と同じ香りがするので、同じ香料を使っていると思います。

色展開が少ない

色展開はニュートラルとブラックの2色展開です。

ブラック以外の革にはニュートラルを使うことになりますが、補色が必要な場面には使えないのが残念です。

「コロニル アニリンクリーム」の使用感や仕上がり

伸びがとてもいい!

プルプルな質感で伸びがとてもいいです!

塗り心地がとてもいいので、靴磨きを始めたばかりの方にも使いやすいクリームです。

塗った後はサラサラになる!

塗って軽くブラッシングするだけで革の表面がサラサラになります!

ベタつくクリームと比べて、ブラッシングや乾拭きの回数が少なく済むので短時間で靴を磨けます。

こちらの動画で質感や塗り心地がよりわかります。

仕上がりは自然な艶感

革がしっとりとして、自然な艶が出ました!革本来の艶を楽しみたい方におすすめできます。

この章のまとめ

「コロニル アニリンクリーム」を使ったところ

  • 伸びが良くて塗り心地最高
  • 塗った後サラサラになる
  • 自然な艶が出る
  • 保湿効果良し

使い心地も仕上がりも良かったです!

「コロニル1909 シュプリーム」と「M.モゥブレィ デリケートクリーム」との比較

片足ずつ磨いて比較してみました。

磨く前の状態はこちらです。
クリーナーで余分なクリームやつま先のワックスを落としました。つま先はやや色が抜けています。

「M.モゥブレィ デリケートクリーム」との比較

塗り心地

「コロニル アニリンクリーム」の方が指に取りやすく、塗り心地もよかったです。

「M.モゥブレィ デリケートクリーム」は伸びはいいのですが、指にぷよぷよ反発して取りにくかったです。

艶感

艶感はそこまで大きな違いはありませんでしたが、いずれも自然な艶感で「革」を楽しめるクリームだと思いました。

保湿

いずれも革がもっちりして、しっかり保湿できました!

補色

デリケートクリームの補色力は弱く、つま先の色抜けがカバーできていません。

「コロニル1909 シュプリーム」との比較

塗り心地

塗り心地はほぼ同じで、両方塗り心地最高です!するする伸びてくれます!

塗った後のサラサラ感は「コロニル1909 シュプリーム」の方が強かったです。

艶感

「コロニル アニリンクリーム」は自然な艶感。

「コロニル1909 シュプリーム」はフッ化炭素樹脂が含まれているためか、コーティングされた艶感があります。

保湿

いずれも革がもっちりして、しっかり保湿できました!

補色

いずれもしっかりと補色できています!

比較まとめ

「コロニル アニリンクリーム」は

  • 「M.モゥブレィ デリケートクリーム」よりしっかりと補色ができる
  • 「コロニル1909 シュプリーム」より自然な艶が出る

そんなクリームでした!

「コロニル1909 シュプリーム」と比べると艶感以外はほぼ同じに感じました。

「コロニル1909 シュプリーム」は3,000円ほどの価格で結構高いクリームなので、価格差も考えると「コロニル アニリンクリーム」(1.320円)はとても優秀なクリームだと思います!

「コロニル アニリンクリーム」の使い方

アニリンカーフ以外に使って問題ない

上にも書きましたが、アニリンカーフじゃない靴に使って問題ありません。

デリケートクリームのように革に優しく万能に使えるクリームと認識していいでしょう。

革小物にも使える

ニュートラルのクリームは財布やバッグなどの革小物にも使用できます。

保湿をしっかりとできて、サラサラした仕上がりになるのでおすすめです。

まとめ

使い心地と仕上がりはこちら
  • 伸びが良くて塗り心地最高
  • 塗った後サラサラになる
  • 自然な艶が出る
  • 保湿効果良し
類似クリームと比較するとこちら
  • 「M.モゥブレィ デリケートクリーム」よりしっかりと補色ができる
  • 「コロニル1909 シュプリーム」より自然な艶が出る

特に「伸びが良くて塗り心地最高」でした!

保湿効果良し、自然な艶感、サラサラした仕上がりで、クリームとしての能力は高く、「コロニル1909 シュプリーム」と似たクリームなのに1,320円で買えるのはとても魅力に感じました!

大切にじっくり育てていきたい靴に使用したいと思います!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる