ブルーシンシアの靴べらをレビュー!【リーズナブルかつ高い強度】

ブルーシンシアという日本の革小物ブランドの靴べらを購入しレビューをしました。

最近さまざまな靴べらを試していて自分に最適な物を探しています。
この靴べらを試してみたくなった理由は

  • 革巻きの靴べらを試してみたい
  • 鍵をそのまま持ち歩いているのでキーホルダーにつけてみたい

以上の理由です。

実際に試してどう思ったかと、どんな方におすすめかを最後にまとめましたので、「ブルーシンシア 靴べら」が気になっている方はぜひ最後までご覧ください!

  • 靴ひもがほどけやすくて困っている
  • 毛羽立ちが気になる
  • 既製品では理想の長さが見つからない

そんな方におすすめの「ほどけにくく」「毛羽立ちにくい」靴ひもがあります!
しかも、MONDSHOELACEは長さを1cm単位でオーダー可能です!

目次

「ブルーシンシア 靴べら」の概要

素材イタリアンレザー(ベジタブルタンニン鞣し)
サイズ全長12cm × 幅4cm
原産国バングラディシュ
価格(税抜き)約2,300円
薄さ
履きやすさ
プレゼントのおすすめ度

日本の革小物ブランド「ブルーシンシア(BLUE SINCERE)」

バッグや財布などを中心に革小物を取り扱う日本ブランド「ブルーシンシア(BLUE SINCER)」が展開する靴べらです。

ブルーシンシアの革製品はバングラディシュの自社工場で製造されており、そのためクオリティの高いものであってもリーズナブルなものばかりです。

高見えするけどリーズナブルなので、ビジネス用に使う方が多い印象です。

革巻き、キーホルダータイプ

今回紹介する靴べらは革巻きでキーホルダーがついたタイプで、家の鍵・車の鍵など複数の鍵を持ち歩く方におすすめです。

開発期間2年の集大成、強度試験もクリア

革・機能・構造に徹底的にこだわり2年の開発期間を経て誕生した靴べらのようです。

また、日本国内の公正期間にて強度試験を行い基準をクリアした素材のみを使用しているようです。

「靴べらが曲がってしまった」というレビューを他商品で見たことがあるのですが、そんな心配もなさそうです。

本革の靴べらとしてはリーズナブル

本革を使用した靴べらは1万円を超えるものも多いので、3,000円前後で買えるこちらはリーズナブルに思います。

楽天で月300個以上売れているらしい

楽天市場を見ると1ヶ月で300個以上売れているようです。そしてレビューも多い。

この人気を見ると信頼性は高いですね。

「ブルーシンシア 靴べら」の外観

豊富な7色展開

色展開は以下の7色。

  • ロイヤルブラック
  • クラシカルネイビー
  • レトロキャメル
  • ダークブラウン
  • レトロキャメル
  • ダークグリーン
  • ナチュラル
ブルーシンシア

私は普段持ち歩くスマホやカードケースと色を合わせてクラシカルネイビーを選びました。

これだけ色展開があれば小物との色合わせもしやすいの良いですね。

キーリングが3つ

小さいキーリングがついていないキーホルダータイプの靴べらもあるのですが、こちらは3つついています。

鍵をつけてみたところ、すんなり通りました。

高級感漂うレザー

天然なめしのイタリアンレザー製で革らしい香りがします。

目がきめ細かく、しっかりと育ってくれそう。ロゴの刻印も雰囲気あっていいですね。

コバの処理も縫い目も丁寧

コバの処理もしっかりしてあってクオリティの高さを感じます。また、縫い目も形に沿っていて丁寧です。

ちょっと厚い

左の「コロンブス ポケットシューホーン」が2mmほどですが、「ブルーシンシア 靴べら」は3mmほど。

やはり革巻きだと少し厚みが出てしまいます。使い心地は下をご覧ください。

化粧箱付き

化粧箱付きで、しかも箱の表面がマットで手触りが気持ちいい!

ちょっとしたプレゼントにもおすすめです!

大きさは普通、個人的にはちょっと大きい

キーホルダー部分を含めて全長12cm。キーホルダー付きの靴べらとしては普通の大きさです。

ただ個人的には、最近長財布をやめカードケースにしたり極力持ち歩く物をコンパクトにしているので、ちょっと大きく感じます。

【比較したものの大きさ】

重さも普通

重さは38.4g。重すぎもせず軽すぎもせず普通です。

「ブルーシンシア 靴べら」の使い心地

金具に指をかけられる点は履きやすい

キーホルダーの金具に指をかけることができるので、楽に抜き取ることができました。

強度はバッチリだが、ちょっと厚みを感じる

ぐにゃっと曲がってしまわないように強度試験をクリアした素材を使用しているようですが、実際使ってみたところ確かにちょっとやそっとじゃ曲がらない高い強度を感じました。

ただ、強度の反面と革巻きであることが原因か厚みを感じてしまいました。厚さは3mmほどです。

使いづらいというほどではありませんが、革巻きでない金属製のタイプと比べると厚いな〜と思ってしまいます。

ジャケットのポケットに入れるには大きい

ジャケットの腰ポケットに入れると形を拾ってしまう大きさです。(基本的に物を入れると形を拾うので、入れないのがかっこいい着方ですが)

内ポケットに入れるならスマホや財布が優先順位高いし、パンツのポケットに入れるにも大きく感じるので、私の場合はバッグに入れて使うことが多くなりそうです。

「ブルーシンシア 靴べら」まとめ、こんな方におすすめ

以上「ブルーシンシア 靴べら」のレビューをお届けしました。

この靴べらを試した理由は

  • 革巻きの靴べらを試してみたい
  • 鍵をそのまま持ち歩いているのでキーホルダーにつけてみたい

この2点でしたが、革巻きであることでエイジングを楽しそうなので革好きとしては良いと思いましたが、やや厚みがあるのがネック。
また、鍵をそのままポケットやカードケースに入れてしまっていたので、この大きさだとかさばってしまうと思いました。

結論、バッグに入れて持ち歩く前提ならずっと使えそうですが、手ぶらで出かける時もあるので今のスタイルには合わないことがわかりました。

そして、「ブルーシンシア 靴べら」は以下のような方におすすめの靴べらだと思いました。

  • 革巻きの靴べらをリーズナブルに欲しい
  • キーホルダータイプが欲しい
  • ポケットではなくバッグに入れて持ち歩きたい
  • ちょっとしたプレゼントに渡したい

強度もバッチリでクオリティは高いので、自分用にもプレゼント用にも安心して使えます。色が7色から選べるのもいい点ですね。

ぜひ当てはまる方はお試しください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる